めんどりの庭

エッセイと花好きのおばあさんのたわ言

高速旅の結末は…

2017-04-20 13:02:56 | 日記
 

 日帰り福岡への旅続きです。

 飛行機の座席は往復、真ん中

 左右の肘掛に腕を置くことができず、肩がバリバリ。

 仕方ないのです、年金暮らしの身、シルバー割引料金ですから。

 お婿さんと一緒の時はスーパーシートかファウストクラスでラクラク旅です~

 一人旅、機内でいつも困るのは、高いボックスへの荷物の上げ下ろしです。
 入れるのはなんとか出来ても、取り出せません。
 近くに背の高い男性方が立っていても我関せず。
 私、座席に上がって取り出しました~
 世知辛い世の中になったものね~と、帰宅後、親方にこぼしたら、そんなもんさ、ですって。
 人をあてにする、私が甘いのね~

 福岡到着。
 いつもは、空港からタクシーでお寺さんに行くのですが、今回は御供えのお花を買うので博多駅まで地下鉄。
 そこから、タクシーでお寺さんに
 このタクシーの運転手さん、住所と目印をお伝えしても迷子に~
 でも、良心的な方でメーターを止めて探しました。
 私、申し訳なくてチップを…

 娘のお参りは三回忌以来です。
 昨年は来られませんでした。
 お寺さんの近くにお住まいのお婿さんのお母様が月命日は必ずお参りしてくださいます。
 今日は、お寺さんでお茶を頂きながら、お母様とお話ししてきました。


             境内の藤の花が咲いていました









              ゴボ天うどんとおいなりさん

     
           

 天神まで行って憧れのおうどんを食べました
 地下街で、地下鉄の社員らしい方におうどんの美味しいお店を訪ねたら、教えてくださいました
 並んでますが回転がいいですって
 福岡の柔らかおうどんとお出汁が大好き

 相席したお若い女性も感じの良い方でした。
 日帰りで来ましたとお話ししたら、お気をつけてと言ってくださいました。
 福岡の人は優しいです。

 おうどん頂いたら、急いで福岡空港へ~
                  続く
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっと出掛けられました | トップ | 高速旅、行きはヨイヨイ、帰... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
娘さんのお参りだったのですね (chidori)
2017-04-20 14:07:40
悲しみを乗り越えておられるyukiさんだったのですね。

心よりお悔やみとお見舞い申し上げます。

私は昭和37年生まれの長男を生後8日目で亡くしました。

時効の物語です。

yukiさんは、まだまだいろいろな思いを繰り返しながら

娘さんと一緒に生きていかれると思います。

でもいつも一緒ですね。

これからも今までのように、いろんなことをつぶやきな

がら、生きてまいりましょう。

 よくわからなくて勝手なことを書いていたらお許しくだ

さいね。



お疲れ様~~ (haruharu)
2017-04-20 16:26:58
お嬢様のお墓参り。。。
yukiさんにとっては胸に哀しみを秘めながら
毎回この旅は強行なさっているのでしょうね(´;ω;`)

切ない思いが伝わってきます。。。。
福岡のおうどんがおいしかったこと・そして相席された娘さんが優しかったことが救われました。
良い旅ができましたね。
きっとお嬢様が見守っていてくださったのでしょう♡
asakawayukiさんへ (beru)
2017-04-20 17:06:00
こんにちは。
娘さんのお墓参りご苦労様でした。でもお婿さんのお母様が月命日にお参りしてくださって嬉しいですね。優しいお母様で良かったですね。それにしても日帰りとは、また
ハードでしたね。私も何年か前に福岡に行った事がありますが名古屋駅まで行き、新幹線で行ったので遠かったです。
こんにちは (asakawayuki)
2017-04-20 17:26:04
chidoriさんへ

ありがとうございます。
chidoriさんも深い悲しみを乗り越えていらっしゃったのですね。
同じ思いをなさったのですね・・・
「死んだ」者より、「死なれた」者の方が、やはり、叶わないのである。つらいのである
                   秦恒平
いつだったか、朝日新聞の折々のことばに記してありました。心に残った言葉です。
周りの友やブロ友さんに励まされて、今日までやってこられました。
そして、娘に見守られている様な気がして、
やっと、老齢の親方と共に前向きにと思えるようになりました。
最後まで、希望を捨てなかった娘のためにも一日一日を明るく生きていきましょう。
こんばんは (asakawayuki)
2017-04-20 17:34:13
haruharuさんへ

ありがとうございます。
haruharuさんとは、私がブログを始めた頃からのお付き合いになりますね。
いつも、お優しいお言葉を頂いて元気を頂いてまいりました。
おかげさまで、私もここまで元気になれました。
年には勝てませんけれども。
張り切りすぎたのか、昨夜は両脚の痙攣と身体の震えで、もう少しで救急車呼ぶところでした。
自分で脱水症状だと思って水分補給、暖かくして寝ましたら治りました。
こんばんは。 (asakawayuki)
2017-04-20 17:45:37
beruさんへ

ありがとうございます。
新幹線で福岡へとは長時間ですね。
私も東京から新幹線で行ったことがありますが、疲れました。
しかし、考えてみますと我が家から羽田空港まで2時間余かかりますので、通算すると5時間、同じ様なものでしょうか。
お婿さんも優しいですがお母様は本当に優しい方です。
娘は幸せでした。
それなのに、逝ってしまって・・・
あちらの方たちに申し訳なく思います。
お帰りなさい (うらら)
2017-04-20 20:05:44
娘さんのお墓参りが叶い、ホッとされましたね。
でもお一人でお疲れでしたね。
脱水症状でしたか!
どうぞごゆっくりなさってくださいね。
娘さんもお母さんに会えて喜ばれましたね。
お婿さんもお婿さんのお母さまもお優しくてうれしいですね。
一人だと緊張されますよね。
おいしいおうどんがいただけてよかったですね。
私も九州のうどんが大好きです。
特に肉うどん^^
親方様もご無事でお帰りになるのを心配しながらお待ちだったのでしょう。

私も五月の連休に妹のお墓参りに行ってきます。
母も連れていきます。
母はもう89歳ですからこれが最後になると思いますので。
楽しみもありますのでその日が待ち遠しいです^^
Unknown (博多の華)
2017-04-20 20:38:57
お疲れ様です。

関東に無いうどんですか?
こんばんは (asakawayuki)
2017-04-20 21:12:46
うららさんへ

昨年から、お参りに行きたいと思っていましたので
ホット致しました。
それに、昨年、お婿さんの叔母様がお亡くなりになってそのことも気になっていました。
今回、お参りして来ました。
お婿さんのお母様、すっかり気落ちされていらっしゃいました。
同居なさっていた妹さんなのですよ。
親方、子供みたいにバス停で私が着くのを待っていました。途中、電車の中でも電話がかかってきますし。うららさん、私が日帰り旅しか出来ない事情お分かりですか?
うららさんのお妹さんのお墓参りにお母様もご一緒にいらっしゃるのですね。
お母様の立場は私と同じですね。
お母様、お喜びになりますね。
五月の連休、もうすぐですね。
楽しみになさっていらっしゃることでしょう。
こんばんは (asakawayuki)
2017-04-20 21:18:31
博多の華さんへ

やっと、博多へ行くことが出来ました。
前にも、おうどんを食べたことがありますがとても美味しかったです。
博多のブロ友さんが美味しいおうどんのお店を紹介されていましたがいつか、行きたいと思っています。
私、九州出身ですので、子供の頃、柔らかいおうどんを食べていました。
関東のおうどんと違いますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む