京都・宇治の陶芸教室 朝日焼作陶館 スタッフブログ

登り窯の横にかまえた朝日焼作陶館 「深く楽しい陶芸の魅力」に触れることができる窯元ならではの陶芸教室です

あめちゃん     Christmas candy

2016-12-20 15:36:36 | 美味
クリスマスにちなんだ飴をいただきました。

おなじみの杖。(そうではない?)

何でも、羊飼いの杖らしいのですが、


逆さまにすると

『 J 』 ジーザス・クライスト(キリスト様・Jesus Christ )の J だそうです。

へ~!知らなかった!

キャンディの固さは意志の強さを表し、甘さは世界中の人々を愛する心を表す・・のだそうです。

へ~!

昔に読んだローラ・インガルス・ワイルダーの『 大草原の小さな家 』シリーズのなかで
クリスマスのキャンディを街に出かけたお土産として父が買い、
吹雪で草原の中で足止めになり、それを食べてやり過ごし、無事家に帰りついたのだけれども、
娘たちにお土産がなくなってしまって悪いことをしたね。というシーンがあり、
家族はお父さんの無事が何よりよ!という返事をしていたのですが・・

食いしん坊の四元は、そのキャンディがどんな味だったのだろうか
固さは?、何本?、・・食べてみたい~!と思った記憶がよみがえってきます。
命からがらなのにね。スミマセン。

今年のクリスマスには、この飴を家族で分けて食べようと思っております。
飴の意味を子供たちにも話をしながら・・。美味しくありますように!(違う??)



I got a Christmas candy.

A familiar staff. (It is not?)

Everything seems to be a staff of a shepherd,


When turned upside down

It is said to be "J" J of Jesus Christ.

I do not know!

The rigidity of the candy represents the strength of will and the sweetness is expressed by the heart that loves people around the world.

Really! It is!

In a long time ago, in a series of Laura Ingalls Wilder, 'Little house on the Prairie'
My father went out to the town and bought Christmas candy as a souvenir for them.
But he stalled in the meadow with a blizzard, he spent eating it, and came home safely,
And there are scenes that the girls told them that souvenirs have run out and did bad things,
Safety of Dad is the best souvenir! They did reply that.

What kind of taste was that candy?
How hard is it? How many were there?
· · I want to eat ~! I thought that memory remembered.

For Christmas this year, I will try to share this candy with my family.
While talking to the children about the meaning of candy · ·
I am glad if it is delicious! (Wrong??)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大掃除    Cleaning at t... | トップ | 釉薬掛け    Glazed work »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。