京都・宇治の陶芸教室 朝日焼作陶館 スタッフブログ

登り窯の横にかまえた朝日焼作陶館 「深く楽しい陶芸の魅力」に触れることができる窯元ならではの陶芸教室です

秋の訪れ Coming of autumn

2016-11-02 13:20:52 | 京都・宇治
空が高くなりました。
秋です。

今年は柿がたわわに実る当たり年なのか、あちこちから美味しい柿を戴きます。
ラッキー!(笑)

朝日焼も柿が実っています。
ひとつは渋柿。

もうひとつは御所柿と呼んでいる、大きな柿で、熟してから食べるタイプのものです。

渋柿、枝がしなるほどに実っております。

美味しそうでしょ~?でも,渋柿。

毎年何個かもって帰って干し柿を作ります。
今年は配れるほど作れそうです。

ん?配るのかって?そんなに作りませ~ん!(笑)

そのうち柿を収穫して朝日焼の入り口付近にたくさん置いておくので
ご自分で作ってくださいませ。そして私にも味見をさせてください(笑)


美味しい干し柿できますヨ。
待っています!(笑)


The sky is now high.
It's Autumn.

This year, the banner year that bear fruit in the persimmon is laden, you received a delicious persimmon from here and there.
lucky! (Lol)

Asahi Pottery also persimmon is ripe.
One astringent persimmon.
Another is called the Imperial Palace persimmon, a big persimmon, a thing of the type to eat from ripe.

Astringent persimmon, it grew on about bow branches.
Probably delicious ~? But, astringent persimmon.

Create a dried persimmon back with some number every year.
This year is a lot of make likely. The more that can be give out.

Hmm? It does give out? It does not create so much! (Lol)

So keep them at a lot near the entrance of Asahi Pottery harvesting persimmon,
Please make yourself. And please let the taste me also (laughs)

You can delicious persimmons.
I'm looking forward to bring to me! (Lol)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シンガポールより  From S... | トップ | 秋を楽しむ Enjoy the aut... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都・宇治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。