あさひホームのまじめな社長のまじめな家造り実践会

まじめな家を造る。家造りの喜び・苦闘・悩みを徒然にペンを取りました。

住まいの健康診断を開始

2013-01-26 06:20:47 | 住まい

野鳥


風雪の合間に









住まいの健康診断


日本の住宅の平均寿命はある調査で27年。

それは戦後巨大なハウスメーカーが誕生し、産業のサイクルに組み込まれ、

経済の発展の為には不可欠だったのですが、ビルド&スクラップを目的として造られた住宅です。

国策でも有ったのです。

だから大半のお住まいは25年から30年の間で建て替えられて来ました。

ところが今日の日本の社会現象では人口の減少、

そして造っては壊すでは二酸化炭素の排出が大きいので、新築よりも中古住宅の活性化、再利用を政府は政策転換しました。

中古住宅のリノベーションですね

長期優良住宅制度も不良住宅を造らないだけでなく、将来リノベーション出来る住まい、それに値する住宅を造る為出来た制度です。

さて先に申しましたが日本の住宅は短命です。

ところが欧米諸国では80年90年、しかも中古住宅は手入れされ【リノベーション】して資産価値を高めています。

ところが日本は劣化に任せ、老朽化し、資産価値は無しに等しいのです。

これは造り手に限らずお施主様の責任も有るのではないでしょうか。

今のお住まいを次の世代に引き継ぐ姿勢が必要ですね。

そこであさひホームは微力ですが、少しでも長く安全で快適に暮らして頂ける為に住まいの健康診断日を設定しました。

無料です。

弊社のリフォーム相談員、耐震診断士が目視でお住まいの健康診断を致します。

先着順(予約制)にてご相談賜ります。お気軽にお問い合わせ下さい。

尚、住まいの健康診断日は毎月第2週の土曜日です。

【診断には2時間程度は必要かと思います】

ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中古住宅のリノベーション | トップ | 政治体制 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL