あさひホームのまじめな社長のまじめな家造り実践会

まじめな家を造る。家造りの喜び・苦闘・悩みを徒然にペンを取りました。

ドンの引退

2017-02-12 05:30:29 | 政治

天空の城を彩る

 

<自民・内田氏>「都議会のドン」引退へ 千代田区長選惨敗

毎日新聞 2/7(火) 7:00配信

自民党東京都連前幹事長で都議会自民党の重鎮、内田茂氏(77)が夏の都議選(7月2日投開票)に出馬しない意向を固めたことが関係者への取材で分かった。

高齢に加え、5日投開票された千代田区長選で自民党推薦の新人が小池百合子知事が
支援する現職に大敗したこともあり、引退を決意したとみられる。

 内田氏は、昨年7月の都知事選で都連幹事長として候補者擁立に中心的な役割を
担ったが、小池氏に大敗。

今回の千代田区長選では同区支部長として候補者選定に関わったが、大差で敗れる結果となり、都連内部で責任を求める声が上がっている。

小池氏は内田氏を「都議会のドン」と指摘し、対立が続いていた。

 内田氏の引退により都議会自民党の求心力が弱まり、会派離脱などの動きが進む
可能性がある。

 内田氏は千代田区議を4期務めた後、1989年の都議選で初当選。
6回連続で当選した後、2009年の都議選で落選し、13年に7回目の当選を果たした。
05年に就任した都連幹事長は、都知事選の責任を取る形で昨年辞任した。
【川畑さおり】

私心

一部権力者たちの意向で何事もなかったかの如く動く世の中は、いい加減、終焉にしたいですね。

小池都知事となり都政の改革が一段と進むとなれば・・・・・各都道府県にもその流れに乗る事でしょう。

もっとも例えば

島根県・三重県・大阪府等々はその先駆けに見えたのは私一人ではないと思います。

やはり行政はトップに立つ人間で地域は変わるようです。

その点日本のど真ん中、都政は旧態依然で大きく遅れていたのでしょう。

さて我が町を見れば先日新しい若手が市長となりました。

誠に結構な事と思っています。

ただし皆様もご存知の超大物政治家がいまだに現役の如くふるまわれています。

しかし今回の市長選の結果から見ても明らかにそのブランド力は落ちています。

都政のドンと呼ばれた都議会の先生は引退のご様子、

超大物の先生も御歳から大変失礼とは思いますが、すべての公職を辞し速やかに

後進に道を譲るべき時期でしょう。

いや、既に時は過ぎている様に見えますが願わくば今からでも・・・・・さてご決断は

如何されるのでしょう。




 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心配り | トップ | あさひの瓦版 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL