あさひホームのまじめな社長のまじめな家造り実践会

まじめな家を造る。家造りの喜び・苦闘・悩みを徒然にペンを取りました。

盗む人・盗まれる人

2017-06-29 08:31:52 | Weblog

アジサイ




 柔らかい朝日を受けて

 

イチゴ品種 韓国に流出 損失5年で220億円 農水省試算

6/20(火) 7:01配信

 イチゴ品種が韓国に流出したことで、日本の輸出機会が奪われ、5年間で最大220億円の損失があったとの試算を農水省がまとめた。

品種流出の影響が少なくないことが改めて浮き彫りになった格好で、同省は、海外での品種登録の必要性を訴えている。

進まぬ海外登録 課題

 農水省によると、韓国のイチゴ栽培面積の9割以上が日本の品種を基に開発した品種。
栃木県の「とちおとめ」や農家が開発した「レッドパール」「章姫」などが無断持ち出しなどで韓国に流出し、韓国はそれらを交配させて「雪香(ソルヒャン)」「梅香(メヒャン)」「錦香(クムヒャン)」という品種を開発した。

アジア各国への輸出も盛んで、日本を上回る。

 農水省は、日本の品種が流出していなければ韓国の品種も開発されず輸出もできないと想定。

日本が輸出できるはずのものが韓国産に置き換わったとして損失額を試算した。

韓国の輸出額から推計して、日本の損失額は5年間で最大220億円だったとした。
昨年1年間の日本産イチゴの輸出額は11億円のため、5年間に換算するとこの約4倍に
当たる。

 品種登録できていれば品種開発者が得られていたロイヤリティー(許諾料)は年間16億円だったと推計した。
韓国には品種登録制度はあるが2012年までイチゴは保護対象になっておらず、流出前に日本側が品種登録できなかった。

品種登録していれば、栽培の差し止めや農産物の廃棄を求めることができるが、登録していないため、こうした対抗策が取れない。

 国際ルールでは、植物新品種は販売開始後4年までしか品種登録を申請できず、速やかな出願が重要になっている。
だが、育成者が申請料や手続きに負担を感じていることが課題になっている。

日本農業新聞

私心
確かTVでもこの件を取り上げていた記憶が有ります。

農園へ観光に来た素振りで苗を持ち去ったとの事です。

後で気づいても遅いのですが、大変苦労して品種改良した新たな商品ですね。

何処にも悪い輩はいますが・・・・・。

竹島も盗る・仏像も盗る・慰安婦像は取らない。

なんじゃこの国はってとこです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一休み

2017-06-28 04:49:54 | アウトドア

鉢伏山散策















散策道わきに咲く山野草







先の日曜日、平均年齢??歳・・・・・ボチボチ歩いて鉢伏山に登って来ました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

既得権益・…・ガチンコ勝負?

2017-06-25 07:25:00 | Weblog

花菖蒲と茅葺の家

 

 

「面従腹背」に官邸疑心=加計問題、霞が関の不満影響か

6/22(木) 7:03配信

 学校法人「加計学園」をめぐる文部科学省の内部文書が次々に明らかになった背景には、人事権を握り、締め付けを強めてきた首相官邸に対する中央官庁の不満もあるようだ。

 「面従腹背」に見える霞が関の動きに疑心を募らせる官邸は、政府の内部文書管理の在り方を見直す方針を打ち出したが、効果は見えない。

 2014年の国家公務員制度改革関連法成立を受け、安倍政権は官邸が中央省庁の幹部人事を一元管理する内閣人事局を創設。
審議官級以上約600人の異動について、菅義偉官房長官らが目を光らせてきた。

 実際、政府関係者によると、菅氏は官僚ごとに仕事や言動をチェック。

「独自の情報網から『あれは駄目、これも駄目』とバツをつけてきた」という。
人事を握られ、官邸の意向に逆らえない風潮が強まり、省庁からは「役所の権限で今までできていた仕事ができなくなった」「官邸の監視の下でびくびくしているのが現実」と嘆く声が漏れていた。

 そうした中で発生した「加計」文書問題。民進党が入手した文科省の内部文書について、菅氏は「怪文書」と片付けていたが、前川喜平前事務次官が「本物」と認め、現役の文科省関係者が報道機関の取材に応じて追随。

政府は存在を認める事態に追い込まれた。

 文科省は天下りあっせん問題で前川氏らが処分を受け、加計学園の獣医学部新設問題では官邸から「抵抗勢力」と位置付けられている。

前川氏の座右の銘は「面従腹背」。

内部文書発覚の動きについて、政府関係者は「文科省の抵抗のあらわれ」と解説する。

 菅氏は19日の記者会見で、文科省の文書が報じられる理由を問われ「私が聞きたい」といら立ちを隠さなかったが、官邸関係者の一人は「反旗を翻す動きが続けば政権の終わりの始まりになる」と危機感を強める。
「文書管理の新たなルールをつくっても『ざる』になるだけ」。
ある文科省職員はこう語った。 

【関連記事】

官邸が力を持てば官僚は面白くない・・・・・元来官僚は時の権力者(国民)に仕える身ですが、今まで持って来た利権(許認可権)を取られたくないものだから官邸のミスに乗じて足を引っ張る。

この権力闘争如何収まるのか?興味津々です。

それにしてもマスコミは面白おかしく、さも官僚が正しいかの如く報道するものだから

これも困ったものだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大手だから悪質???

2017-06-23 05:37:56 | ニュース

面白水面

 

安藤ハザマを捜索、除染事業で宿泊費詐取容疑 東京地検

6/19(月) 13:50配信

東京電力福島第一原発事故の除染事業を巡り、準大手ゼネコンの安藤ハザマ(東京都港区)が福島県田村市などから受注した事業の宿泊費を水増ししたとして、東京地検特捜部は19日までに、詐欺容疑などで同社などの関係先を家宅捜索した。
特捜部は同社関係者から事情聴取を進めており、押収した資料をもとに、水増しの経緯などを調べる。

 水増し請求が明らかになっているのは、2012~15年に福島県いわき市と田村市がそれぞれ発注した除染事業。
同社の説明によると、いわき市の事業では、下請け業者に対し、作業員1人当たりの宿泊単価を2500円、人数も約4300人分水増しした領収書を作成するよう指示した。田村市の事業でも、同じ下請けに対して宿泊単価を500円、人数を約4500人分水増しした領収書を作らせたという。

 東日本大震災の復旧事業では、国が労働者の宿泊費について最終的に実費精算することを認める通達を出している。
この精算の際には、領収書など支払いを証明する書類を提出するよう求められている。

 特捜部は、安藤ハザマの担当社員らに対し、宿泊費をだまし取る意思がなかったかどうかなどについて任意聴取していた。

朝日新聞社

私心
大手だから間違いないだろう、悪い事しないだろう・・・・・一般的な日本人の考え方ですね。

一面間違ってないのも事実ですが、汚く金儲けするのも大手です。

私、建築業界に身をおいてから・・・・・実は大手だから安心とか真面目とか等等は

絵空事であることを知りました。

あさひホームは一切下請け業務をした事がないので詳しい事は解りませんが、

この石川県でも大手の下請けで酷い目に遭ったとか、ひどい工事(手抜きの一種)を

させられたとか・・・・・その真実は解りませんが、下請けを請け負った本人から

その酷さを聞いたことは有ります。

業界で生き抜く上では横暴な大手の仕打ちに耐えなければならないのでしょうが、

細々ではあるが元受けで自分の信念を曲げず20年やり遂げられた事に感謝です。

参考に

悪質な手口

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170620-00000839-fnn-bus_all

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

既得権益と政権のガチンコ?

2017-06-21 05:18:34 | 官僚

蛍とアジサイ


天の川と・・・・・蛍が少ない



いずれも蔵出しです。

天下り疑い、全省庁で27件 政府調査「広くOB関与」

6/15(木) 15:38配信

朝日新聞デジタル

文部科学省の「天下り」あっせん問題を受けて、政府は15日、全省庁を対象にした
調査結果を公表した。
職員による天下りのあっせんなど、国家公務員法に違反した疑いのある事例は2008年以降、少なくとも12省庁で27件にのぼった。
今後、内閣府の再就職等監視委員会が調査を引き継ぎ、違法性の有無を最終判断する。

 OBの再就職に出身省庁の職員が関わったあっせん規制違反の疑いがある事例が25件あり、OBが在職中に利害関係のある企業などへ求職活動をした疑いがある事例も2件あった。
省庁別の件数は「疑いの段階」(内閣人事局)として公表しなかった。

 そのうえで、再就職先の情報を得る方法や省庁退職後の求職活動について「広くOBが関与している」と結論づけた。
一方で、人事課や事務次官らが関わった文科省のような組織ぐるみのあっせんの疑いは確認されなかった、とした。

 国家公務員法では、職員が離職後2年以内に再就職した場合、届け出が義務づけられているが、17年1月~5月だけで届け出漏れが82件あった。

 再発防止に向けて、現役職員だけでなくOBにもルールの周知を徹底するほか、
内閣人事局や再就職監視委の機能強化などの対策を検討するという。

 調査は内閣人事局が1月末から、現在の天下り禁止ルールが導入された08年以降に再就職した6372人と、各省庁の現役幹部職員ら285人を対象に実施した。
調査チームは約40人態勢で、書面や弁護士を交えて聞き取りをした。(平林大輔、久永隆一)

朝日新聞社

私心

天下り・・・・これが官僚の既得権益の代表ですね。

退官後天下りを繰り返し数億円の退職金を手に入れる仕組みです。

誰でも得する権利を持ってれば簡単に手放せない。

ましてこれほどの甘い汁はないです。

ところで、今世間の注目を集めている前文科省の事務次官の発言。

この方は文科省の目に余る天下りの責任をとって退官、退官後いろいろと発言されて
います。

加計(かけ)学園の獣医学部新設計画においても既得権益者と内閣府の対立が

ある様に思われます。

これも、以前の内閣であれば短命で役所にたいして力がなかったのでしょうが、

現政権は今までの内閣と異なり長期政権で力を持っています。

これが既得権益者(官僚組織)と対立の構図ではと素人考えです。

さて皆様は如何に・・・・・。

参考に
 同学園と愛媛県今治市は2007年以降、15回にわたり同市での獣医学部新設を求めてきたが、文部科学省に却下されてきた。

だが同市が国家戦略特区の指定を受けると、16年に安倍晋三首相が議長を務める国家戦略特区諮問会議が52年ぶりの獣医学部新設を認可。

17年1月、同市で獣医学部を設置する事業者として同学園が選定された。
(日本農業新聞から抜粋)

参考に

「総理の意向」発言ない=内閣府調査、文科省文書と食い違い

6/16(金) 10:03配信

学校法人「加計学園」(岡山市)の国家戦略特区への獣医学部新設をめぐり、内閣府が早期開学を促したとする文書の存在を確認した文部科学省の再調査を受け、戦略特区を所管する山本幸三地方創生担当相は16日午前の閣議後の記者会見で、内閣府の調査結果を発表し、「総理のご意向」などと発言した職員はいなかったと発表した。

以下省略・・・・・・ネット配信から
私心
良い悪いは別として許認可権を持つ文科省の壁をぶち破るにはやはり何がしかの大きな力が必要かも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瓦版

2017-06-19 06:02:13 | Weblog

天の川とコラボ
大日ダム湖



小松市



(蔵出し)
あさひホームも月一で瓦版を出しています。

住まいづくりに役立つことを中心にした記事をHPにアップしていますので時間の

皆様のご都合がつきましたら読んで下さい。

ところで今回紹介しますのは知人で保険業を営む方が発行し新聞です。

面白い話が掲載されていました。

神父さんが命にかかわったある日の出来事です。



私心
さて上記の記事を読みまして皆様は如何に思われましたか?

笑えないですね。

私はこの記事を読んで人間って言う動物は欲が深いって事を感じました。

目の前の事よりまだ良い事があるのでは……際限がないのですね。

だから決められない。

欲を捨てればすべて決断できるののではなんて・・・・・我の性を嘆く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思いやりの無い社会

2017-06-19 04:50:56 | Weblog

山の中の小さな溜池で・・・・・いきなり飛び出して池にダイブしたカモシカ・・・・・蔵出し






「処女ですか?」と聞かれ…詩織さんが語る“捜査中の屈辱”

6/8(木) 17:51配信

 「捜査員のみなさんから、『処女ですか?』と質問されました。『なんのための質問ですか?』と聞いたら、
『聞かなくてはいけないことになっている』と。
捜査のガイドラインに載っているんだと思いますが、そうならとてもおかしいことだと思います」

そう話すのは、元TBSのジャーナリスト山口敬之氏(51)から、レイプ被害を受けたと訴えているジャーナリストの詩織さん(28)。

詩織さんは5月29日、山口氏が不起訴処分になったことを受け、検察審査会に不服申し立てをしたあと“実名・顔出し”の記者会見を行い、注目を集めた。

記者会見後は、「売名行為だ」といったバッシングもあり、「2日間ほど固形物が喉を通らなかった」と言うほど、詩織さんは強いストレスを受けていた。
しかし、冒頭のような警察の捜査態勢をはじめとする、性犯罪被害者がバッシングを受けるような状況を「変えないといけない」という強い思いから、記者会見から約1週間後の6月7日、詩織さんは再び心境を語る決意をした。

「捜査の過程では、被害者として耐えられないことがたくさんありました。

所轄の高輪署では、男性警官がいる前で私が床に寝転がり、大きな人形を相手にレイプされたシーンを再現させられました。

さらにそれを写真に撮られるんです。

口頭で説明すれば状況はわかることなのに、なんでこんな屈辱的なことをしなくちゃいけないのか。ほんとうに苦しかった……」

詩織さんの口からはまさに“セカンドレイプ”のような捜査の実態が語られた。

8日、性犯罪に関する刑法の厳罰化に向けた法改正が衆議院で可決された。

しかし詩織さんは「こういう捜査の方法から変えていかないと、被害者が警察に届け出できない。
いくら性犯罪の法律が厳罰化されても救われない」と指摘する。

とくに詩織さんのように知人からレイプ被害を受けたと訴えた場合、「合意があったのでは?」と被害を受けた側が疑われ、
被害届を受理されるのすら難しいという現実がある。

今回はホテルの防犯カメラの映像をチェックした警察が、事件性があることを認めた後ですら「君の経歴に傷がついてしまう。いままでがんばってきた勉強も全部水の泡。

あなたも傷つく、家族も傷つく」などと言われ、詩織さんは何度も、警察から被害届を出すのを思いとどまるように説得された。

「私は被害を受けた時点で十分傷ついています。

そこを受け入れてもらえないと知ったときは、もっと残念に思いました。

日本には、性被害について語ることは“タブー”っていう空気があって、被害者自身が話せない状況が作り上げられている。
このタブーを壊して話せる社会にしないと被害者は助かりません」

こうした無理解に加え、大きな問題なのは、社会に根深く残る性犯罪被害者に対する“偏見”だ。

5月29日に行った記者会見のあと詩織さんは、着ていたシャツの「胸元が開きすぎている」と非難を受けた。
つまり「そういう隙のある服装をする被害者が悪い」という被害者に責任を押しつける風潮があるのだ。
詩織さんは、幼いころにも同じような非難を受けたことがあった。

「10歳のとき、母に初めて買ってもらったビキニを着て友人と波のプールで泳いでいたら、男性に後ろから体を触られたんです。

でもそのとき友人の母親から『そんなのを着ているからよ』と言われて、とてもショックでした。

着ているもので責められる。
日本の性犯罪被害者に対する認識はいまも遅れたままだと思います」

気丈な詩織さんだが、「家族に心配や迷惑をかけるのは、本当に辛かった」と話す。

「けど、私がだまっていたら現状を変えられない。

将来、自分の子どもや大切な人に同じことが起こったら、すごく後悔すると思ったんです。

いまここで、なぜきちんとこの話を伝えて、変えようとしなかったんだろうって。ま
ちがっていることは、まちがっていると、きちんと話せる社会にしたいんです」

(取材・文/和田秀子)

私心
弱い立場の被害者の方がさらに被害を受ける現実。

三姉妹を曲がりなりにも育てた親として、いまさらながら何も起きなかった事に感謝です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

賃貸住宅

2017-06-15 06:46:10 | 住まい

山の中の静かな池












<地方銀>アパート融資の貸出残高最大 相続税対策に対応

6/6(火) 21:16配信

個人が建設する賃貸住宅への地方銀行の融資残高が、2017年3月末時点で前年比7.2%増の13.8兆円に膨らみ、日銀による09年の統計開始以降で最大となった。
地方経済の縮小や超低金利で企業向け融資の収益が低迷する中、相続税対策のアパート建設などへの貸し出しを急増させているためだ。
過剰融資が貸家の「建設バブル」を助長する懸念も出ている。

 日銀によると、アパートやマンションなど貸家業を営む個人への全国の地銀105行の融資残高は、10年3月末の約8.8兆円から7年間で約5兆円増加した。

これに対し、大手行のこの間の融資残高は約2.4兆円減少し、総額8.6兆円と地銀より少なく、地銀の積極姿勢が際立っている。

 背景には、地方経済の衰退に歯止めがかからず、優良企業への貸し出しが難しくなっていることがある。
企業向け融資は、金利の値引き競争の激化と日銀のマイナス金利導入で、預金と貸出金利の差である利ざやが一段と縮小。

株式上場する地銀82社の17年3月期決算では全体の約8割が最終(当期)減益に陥った。
このため、相対的に利回りの高い個人向け融資に注力しているのが実情で、貸家業向け融資の伸び率は、貸し出し全体(3.3%)を大きく上回っている。

 一方の借り手側にとっては、15年1月に相続税が増税されたことが大きな契機となった。
所有する土地にアパートなどを建てると、更地のままで所有するより評価額が下がり、納税額が減る「節税効果」が見込める。

さらに日銀の大規模金融緩和で、建設資金を低利で調達しやすくなっていることも追い風となっている。
国土交通省によると、16年度の貸家の建設着工戸数は前年度比11.4%増の42万7275戸と2年連続で増加し、08年度以来の高水準となった。

 地方のアパート・マンション向けローンについては業界内でも「人口減少が続く中、どんどん貸家を増やして良いのか」(メガバンク幹部)との議論があり、日銀金融機構局は「家賃収入の見通しを十分審査しないまま融資を増やしている地銀もある。

リスク管理の徹底が必要だ」と警鐘を鳴らす。【小倉祥徳】

私心

一時アパート建築が旺盛な頃に比べて少なくなって来たと思っていましたが、最近またアパートの建築が目につきます。

相続税対策と低金利が原因との事ですが・・・・・・人口減少が続く今日、不良資産に成らねばと思う所ですね。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人の迷惑顧みず

2017-06-15 05:26:21 | Weblog

山アジサイ

人魚姫の像に赤いスプレー、反捕鯨訴える活動家らが実行? デンマーク

AFP=時事 5/30(火) 20:44配信

AFP=時事】デンマークの首都コペンハーゲン(Copenhagen)で30日、同市の象徴的存在で、「リトルマーメイド(Little Mermaid)」の愛称で知られる人魚姫の像が、反捕鯨を訴える活動家とみられる人物らによって赤いスプレーを吹きかけられた。
警察当局が明らかにした。

【関連写真】歩道に書かれたメッセージ

 加えて、海岸沿いに設置されている像の前の歩道には、スプレーで「ダンマーク(Danmark、原文ママ)よ、フェロー諸島(Faroe Islands)のクジラを守れ」という、当局に向けたとみられるメッセージも残されていた。

 地元の警察当局はツイッター(Twitter)で事件を認め、「リトルマーメイドは破壊行為の標的とされた。当局は捜査を進めている」と投稿した。

 北大西洋に位置し、デンマークの自治領であるフェロー諸島には、主にゴンドウクジラを入り江やフィヨルドに追い込み、刃物で仕留める伝統がある。

 ブロンズ製の人魚姫の像はデンマークの童話作家、ハンス・クリスチャン・アンデルセン(Hans Christian Andersen)のおとぎ話「人魚姫」にちなみ、設置された。【翻訳編集】 AFPBB News

私心

この団体も困ったものです。

それにこの団体を支援する人たちにも言えます。

自己の主義主張を叫ぶのは自由ですが・・・・・いきすぎれば最悪がテロ集団です。

この団体もテロ集団と大して変わらないでしょう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偏見

2017-06-12 06:27:06 | Weblog

麦・・・・・収穫は終わりましたね。

 

佐藤琢磨のインディ500制覇に不満?米記者が不適切投稿で解雇

AFP=時事 5/30(火) 10:20配信

【AFP=時事】インディカー・シリーズ、第6戦のインディアナポリス500(Indianapolis 500)でアンドレッティ・オートスポーツ(Andretti Auto Sport)の佐藤琢磨(Takuma Sato)が優勝したことに対し、失望感を抱く内容の投稿を行った米スポーツ記者が解雇された。
問題の記者が所属していた米紙デンバー・ポスト(Denver Post)が29日、発表した。

佐藤琢磨がインディ500制覇! 日本人初の快挙

 同紙の記者を務めていたテリー・フレイ(Terry Frei)氏は、戦没者追悼記念日
(メモリアルデー、Memorial Day)の週末を迎えた28日、インディ500で佐藤が勝利を飾ったことに不満を訴えるような内容をツイッター(Twitter)に投稿し、激しい
抗議が相次ぐ事態を巻き起こした。

 フレイ氏は「特に個人的な関係はないが、メモリアルデーの週末に日本人ドライバーがインディアナポリス500を制したことにとても不快感を覚える」と投稿。

これには同氏の解雇を求める声とともに批判が殺到したため、問題のツイートは削除された。
抗議の一部では、「特に個人的な関係はないが、あなたがデンバー・ポストから解雇されることを望んでいる」と書き込まれていた。

 のちに謝罪したフレイ氏は、自身の見解を明らかにするための弁明として、第2次世界大戦(World War II)の沖縄戦において、父親とともに日本と戦って戦死した
アメリカンフットボールの選手について、大々的に取り上げて書いたものだったと説明した。

「佐藤琢磨に謝罪する。メモリアルデーの週末に感情的になり、第2次世界大戦で戦った相手国の一つに対してばかげた発言をしてしまった。
改めておわびを申し上げたい。このような話に建設的な目的は何も見いだせず、
もっと分別をわきまえるべきであり、自分自身に腹が立っている」

 しかしながらこの謝罪もむなしく、デンバー・ポストはフレイ氏の解雇を発表。

同紙はツイッターに声明を出し、「当社の記者の一人が書いた無礼で容認できないツイートについて謝罪します。
テリー・フレイはもはやデンバー・ポストの従業員ではなく、問題のツイートも当社の信条や立場を代弁するものではありません。
われわれの心からの謝罪を受け入れていただけることを望んでいます」と述べた。
【翻訳編集】 AFPBB News

私心

上記の記事を読めば、自由・平等の米国、良識の有る国家と思います。

・・・・・が、悲しいかな人間社会には常に偏見が付きまといます。

大きく言えば、色の違いで外見からの偏見が有ります。

戦前日本でも米英鬼畜なんて言葉が有りました。

米国ではあの悪名の奴隷制度が有り、黒人は長く虐げられました。

又、先の大戦時は移住した日本人を強制収容所に閉じ込めました。

過去を遡ればきりが有りません。

それを許し合えるのも人間でしょうが、それでも上記様な事が起きるのですね。

最も、これを書いた記者が多くの批判を浴びたのは、やはり米国は健全な社会と

言えるのでは無いでしょうか。

それに比べて、ありもしない慰安婦を仕立て上げ、いつまでも物凄い剣幕でまくし立て

それに異議も言えない国家がいますね。

この落差は何なのか?





コメント
この記事をはてなブックマークに追加