山形県鶴岡市あさひむら観光協会ブログ♪

名峰月山と朝日連峰に囲まれた大自然が残る旧朝日村。六十里越街道、伝説の魚が棲む大鳥池などの魅力をたっぷり紹介します!

幻の道を探す山熊田チャレンジ(*^_^*)プロローグ!

2016-12-05 19:23:59 | あさひむらは今

こづなぎ特派員です(*- -)(*_ _)ペコリ

12月に入り、普通だったら白銀の世界・・・のはずなんですが・・・。まだ雪は積もらず。

今回は現代人未踏の地❓大鳥から山を越え西へ・・・新潟県村上市「山熊田」までの道歩きをお届けします・・・。といっても実はこの道、今はないのです(´;ω;`)

というのは、昔は大鳥と山熊田の交流の道として存在していたようですが、約50年位前を最後にこの道を通り山熊田まで行った人は居ないそうです(@_@;)

うーん、六十里越街道並みにロマンがあるなぁ・・・。ということで、今回地元有志が立ち上がり道を探すとのことで同行しレポートします(*^_^*)

なお、詳しくは田口君のブログ(ひろろーぐ(http://hirotaguchi.net/))に載ってますので詳細はそちらで…(笑)『近日公開予定』 

 

まずは大鳥寿岡から桧原林道最終地点まで愛車のレクサス(地元では軽トラともいう)で移動。

そこからは道なき道を踏査していきます(#^.^#)メンバーは皆さん山が恋人...って方々ばかり。頼もしいばかりです(笑)

当日は放射冷却で霜が降りるほどのかなりの低温。とりあえずは方向を決めて沢の名前を確認し、GPSをセット・・・。

とりあえず、登る。ひたすら道なき道を登る。道型は全くないので柴(小枝)だらけ。バッチンバッチン跳ね返る。こりゃゴーグル必要だ!冬の太陽が照りつけものの数分で汗だく(*´Д`)

道のないところを歩くのですが、とにかく無数の柴(小枝)が行く手を阻む。葉が落ちているので遠くを見渡せるのはいいのですがなかなかの曲者です(*´Д`)

見渡しのよい尾根を登る。とにかく登る。傾斜がきつい分どんどん上がる標高。たまにこんな登山もオモシロかったりする(*^-^*)

はっきり言って初心者はムリです(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

途中には人類踏査の証、ブナメッセージが・・・。うーん達筆で読めん(笑) 「二十年 久北 ゼンマイ取リ」かな?

中腹まできました。この辺でGPSは標高600m前後を指す。右上の尾根が約800m。新潟県との県境と読む。

山神曰く「あそこまでならあと30分で行けるな」って!どんだけ達者なんだ?(笑)

ついに尾根に到着(#^.^#) 当然ながら休めるような場所は皆無。ここでも柴が絡みつく(/・ω・)/名峰月山でさえまともに見えません(泣)

県境付近、雪の中でみつけた「雪なめこ」(*^_^*) 

※撮影終了後、スタッフみんなで美味しくいただきました(笑)

出発から4時間。ついに県境を越え山熊田にリンクする登山道終点に到着しました(*^_^*)すでに13時を越え、日が傾き始めました(*'ω'*)

ここから見渡せる大パノラマ。朝日連峰以東岳はもちろん大朝日岳まで望むことができました(*^-^*)

帰りは別ルートを探索しながら下山します。二の俣沢方面を目指しトラバースします。また柴のオンパレード(泣) でも楽しいんだなこれが・・・。

振り返りざまに撮った一枚・・・。なんとなーく道にみえませんか?付近にはブナメッセージが多数ありました('◇')ゞ

というわけで無事戻りました(*^_^*) 詳細は田口君のブログ(http://hirotaguchi.net/)を見てもらうこととして・・・。

今回は通常の登山とは違ったなかなか体験できない有意義なものでした。道はないわ、柴はすごいわ、暑いわ、寒いわ・・・。

この道はこのあと、果たして復活できるのか?乞うご期待ください('◇')ゞ 微力ながら応援したいと思ってます(*´з`)

今回も地図アプリ「ジオグラフィカ」が大活躍してくれました('◇')ゞ国土地理院の等高線で確実に標高をキャッチできますしログ機能も充実。

地図自体もキャッシュすれば圏外でも使用可能なスグレものです。ぜひ山の守り神として使ってみては如何でしょうか('◇')ゞ

  

今シーズンのこずなぎ特派員の山レポはこれにて終了です。また2017年もよろしくお願いします。m(__)m

                                                     byこずなぎ特派員。


この記事をはてなブックマークに追加

初冬の晴れ間に「砂川の乳イチョウ」ふたたび(p_-)

2016-12-04 12:31:40 | あさひむらは今

平成28年12月4日(日)昨日に引き続き快晴でございます!とちのみ特派員です('◇')ゞ

初冬の晴れ日の朝は超さむいです。外を見ると、やっぱり霜がおりていました。落ち葉もまっしろ(';') 

そして、コケにも霜がおりて花が咲いたようになっています。なかなかきれいだの~。 

さて、せっかくの晴れの日なので、前回の取材から約2週間。ちょっと気になる砂川の乳イチョウの取材に行きましょう!

カメラかかえて走りますが、さすがに今日は、鼻の頭がはっこい!さんぶいの~('Д')

乳イチョウに行く前に、初冬の湯ノ沢岳。真ん中の一番高い山です。存在感ありますの。 

湯ノ沢岳を眺めながら、砂川方面に走り抜けてます

んーっと、どごだっけな…

あれ乳イチョウどごだっけ???

がーん砂川の乳イチョウ、2016年「落葉宣言」です(;O;) いつもより落葉が早いです(*ノωノ)

マルで囲んだところが乳イチョウ。これは、いよいよ根雪だの…(本当か!?)この間、暴風だったしの。

2週間前、11月20日の乳イチョウはこちら。黄色くて目立ちますね。

さてさて、これで終わるのもなんなので…(^^;もう少し初冬のあさひむらの風景をお届けします。

まずは、霊峰「月山」遠望と上名川。すっかり雪がつもっています。

昨日は湯殿山スキー場の安全祈願祭も行われたようですが、もう雪はすぐ近くまで来ているようです。 

下名川の風景です。

モノトーンの風景のなかで、ひときわ目立つ黄色。かろうじて紅葉の残っているところもあります。 

そして赤色も空に映えて美しいです。

この赤い木、よーく見ると赤い実がついている!葉っぱの紅葉ではなかったのです( ゚Д゚)

この木の下には、赤い実がたくさん落ちていたので、実をひろってみました。あずきのような大きさです。

気になって調べたところ、「アズキナシ」という樹木のようでした。

「実は外見がアズキに似ており、梨と同じような「石細胞」を持つことからアズキナシと名付けられた。」ということです( ..)φメモメモ

この木、初夏に咲く白い花もとてもきれいとのこと。丸い花びらの可憐な花や、葉の紅葉、赤い実と人気の樹木のようですの。

乳イチョウは落葉していましたが、なかなかいい発見ができました。

鼻を赤くしながらカメラをにぎりしめる、とちのみ特派員がお届けしました。せば、またの~('ω')ノ


この記事をはてなブックマークに追加

秋深し、乳イチョウは見ごろなり(^_^)

2016-11-20 20:42:24 | あさひむらは今

平成281120日(日)晩秋のあさひむらは、雨がふったりやんだり。外気温は13度にもなっていたので、あたたかい雨となりました。

ごぶさたしています。とちのみ特派員です(‘ω’)

今日は、砂川地区の巨木「乳イチョウ」を見に行きました。

このイチョウの木は、高さ約27メートル、幹周り約8.7メートル、樹齢500年以上といわれる県下最大の銀杏の木です。
根に近い幹から垂れ下がった木根(きこん)があることから「乳イチョウ」といわれています。

乳イチョウのことは、過去ブログで取材していますのでこちらでチェック( ..)φメモメモ

 ブログリンク H22.11.25 乳銀杏(ちちいちょう)見頃です!


さて、平成281120日現在の砂川地区の乳イチョウはどうでしょうか?

上部は黄色ですが下の方はまだ黄緑色に見えます。夏は緑色なので周りの風景になじんでいるので、秋に色づくとその存在感が一気に増しますの~。

 

今日、なぜ乳イチョウにいったのかというと…(-.-)

この乳イチョウの葉がぜ~んぶ落ちたら根雪(そのシーズンもうとけることがない雪のこと)になるという言い伝えが残っています。

この時期になると乳イチョウがどんな感じになっているか、このあたりに住む人たちはとても気になるのでした。

あまりの巨木で近づくと、カメラに収まりません(‘Д’) でも、まだまだ落葉は先のようでほっとしました。

 

さて、とちのみ特派員の家でも畑の秋始末に追われています。アスパラには真っ赤な実がついてるー(^.^)

小さな葉っぱも立派に紅葉(^.^) 小さな秋をお届け(^^;

そうそう!今日は友達から、庄内地方の秋の味覚「庄内柿(しょうないがき)」をいただきました。

ひゃー!!今年の柿は甘くて、とってもうめごど(おいしいね)どうもごちそうさま(^_-)-☆

硬い実が好きな人、やわらかい実が好きな人…さまざまいらっしゃいますが、とちのみ特派員の好みはやわらかい果肉のもの。

しばらくは、庄内柿を味わえる幸せな日が続きそうですちなみに干し柿も大好きなのです

去りゆく秋を満喫中のとちのみ特派員でした。せば、まだの~(^.^)/~~~


この記事をはてなブックマークに追加

【報告】落ち葉の六十里越街道を往く

2016-11-20 14:52:55 | イベント報告

お久しぶりです。かたくり特派員です

 

11月上旬には雪がちらついた日もあった朝日地域ですが、

本日はジメッとしていてほんのりあたたかく感じるほどです。

 

少し時間が経ってしまいましたが、

11月5日(土)に開催された今年最後のトレッキングの様子をご報告します。

 

この日は太陽が出ていたので心配していたほど寒くもなく、最高の天気

私的には今年4回目のトレッキングでやっと快晴!

晴れ、というだけでワクワク感も倍増でした

 

七ツ滝を見学した後、蟻腰坂からスタート。

美しい紅葉と落ち葉を踏みしめる音を楽しみながらのトレッキングです。

 

 

“落ち葉のじゅうたん”という言葉がぴったり。落ち葉で道がフカフカです

 

 

天気が良かったので、月山遥拝所へも行きました。

この坂を登ると・・・

 

月山や湯殿山などが一望できます。とってもキレイに見えました!

 

もう少しでお昼ごはんの細越峠だ~と思っていたら雪が

 

陽向で暖まりながらお弁当タイム。

太陽の光のおかげで、雪があってもそれほど寒さは感じませんでした。

 

天気に恵まれ、雪と紅葉と落ち葉を存分に楽しめるトレッキングになりました。

 

湯殿山は閉山しているので、湯殿山有料道路の料金所前まで歩いて終了。

その後、米の粉の滝ドライブインさんで里山料理をいただきました

ご参加いただいた皆さま、大変お疲れ様でした

またのご参加をお待ちしております!

 

あさひむら観光協会では来年もトレッキングを企画していきますので

古道に興味のある方、トレッキングに興味のある方、ぜひぜひご参加くださいませ。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

【報告】新そば食べ放題と紅葉トレッキング

2016-10-29 12:53:13 | イベント報告

かたくり特派員です

紅葉は見頃ですが、本日はあいにくの雨模様・・・ですが、今週もイベントがあります!

 

10/29・30開催 『庄内あさひ新そばまつり』 場所:月山あさひ博物村『そば処大梵字 

朝日産のそば粉のみを使用した十割の手打ちそば。“打ちたて、茹でたて”の香り高い新そばを楽しんでいただけます。

10:30~14:30受付、1日300食限定!なくなり次第終了となります。

今日は寒いので、温かいそばが美味しそうですね。当日お越しいただいても大丈夫ですのでぜひお越しくださいませ

 

さて、先週10月23日(土)は大梵字での新そば付きの六十里越街道紅葉トレッキングがありましたので報告いたします。

まずは七ツ滝からスタートです。雨のため、急な蟻腰坂ではなく、旧国道112号線を少し上った七ツ滝口から街道に入りました。

 

弘法大師が休んだところとして伝えられる、弘法茶屋跡。山船頭人さんのお話しに皆さま聞き入っています。

弘法茶屋跡にはゆどのみち押印帖のスタンプが設置されていたのですが、悲しいことに先月から行方不明になりました。

スタンプラリーをされている方は、月山あさひ博物村の文化創造館でスタンプを押すことができますので

ご希望の際は、お手数ですが文化創造館までお越しくださいますようお願いいたします。

 

花ノ木坂の先に新しく設置された階段。

こちらの階段は、今回のトレッキングが歩き初めとのことでした。

いつもガイドをしてくれる山船頭人協会さんと六十里越街道の研究をされているアルゴディア苦楽歩の

皆さまがトレッキングの1週間前に作ってくれました!とても歩きやすくなりました。ありがとうございます

1300年も歴史のある古道に、新しく手を加えてより歩きやすい道を作る。

歴史の中を生きているという感じがして、なんだかロマンがあると思いませんか?

皆さま六十里越街道のためにボランティアで活動されています。本当にありがたいです。

 

この日はあいにくの雨降りでしたが、そのおかげでこんな幻想的な景色も見ることができました。

 

紅葉もしっかり楽しめました

 

湯殿山参道入り口。あとひと踏ん張りですが、ここからが難所です・・・

 

難所のザンゲ坂は写真を撮る余裕もなく・・・湯殿山の大鳥居が見えるとホッとします。

ご参加いただいた皆さま、雨で寒い中、大変お疲れ様でした!

 

個人的には、雨の六十里越街道もいいな~と思いましたし、

今回もガイドさんの案内で歴史を勉強しながら楽しく歩くことができました。

ただ、想像以上に寒かったので、秋のトレッキングには手袋と温かい飲み物が必須だなと学びました。

 

11月5日(土)には今年最後の六十里越街道トレッキングがあります。(すでに定員に達しています。)

お申込いただいている方は防寒対策をしっかりとしてご参加ください。お待ちしております

 


この記事をはてなブックマークに追加