忘れ人のひとりごと

明治生まれの両親が愚痴も言わず無口に、そしてさりげなく生きていた姿は、今,私に語りかけてくる。

山田 洋次監督に聞く (テレビと新聞から)

2017-05-26 | 日々の業

昨日 珍しく昼にテレビをつけたら「男はつらいよ」の山田 洋次監督が出演されていたので暫し話を聞いた。

丁度 前日 赤旗新聞にも山田洋次監督の記事がでていた。テレビでは主に渥美 清さんの俳優としての天才ぶりについて話されていたが、記事の内容と同じようなことも話されていて、(NHKさんこれ放映して大丈夫?)よしよし忖度せずにもっとどんどん事実を流してよ!という思いでみていた。

「メッセージのために映画を作るのではないんです。面白い映画を作ること。では面白いとはどういうことか。これはもう、持って生まれた才能としかいいようがない。ああ面白かったと劇場を後にした観客が夜寝るときにふと、この国の老人問題がどうなっているか、自分の老後は?人ごとじゃないな、と真顔になってなって考えてくれればこんな嬉しいことはない。つまり観客の心に灯をともす、とでもいうことかな」と後ろのページには27日公開の「家族はつらいよ2」についての監督の言葉が載っていた。

特に「メッセージのために映画を作るのではないんです」と言う監督の言葉に改めて考えさせられた。

又 「男はつらいよ」の時代と大きく異なるのは、映画を作るスタッフが、一作ごとの契約で、フリーの技術者が集結するスタイルです。

「この国の文化政策に関わることですね。芸術文化に携わる人たちがいかに貧しいかということ。日本の文化予算は途上国なみです。そういうことを本当に考えていかなければと思います」と最後の部分で語っておられたことが心に残った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第16回 東アジア青少年歴... | トップ | 「池上彰緊急スペシャル な... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ootora68)
2017-05-26 19:56:06
しじみさんの読者登録していたが、いつまでたっても一方通行だったため迷惑だったと思い解除しました。寅の友のブログにしじみさんが読者登録していたので、懐かしくなって訪問しました。

ムカシムカシ若い時代に労音事務局のイカス女性に「寅ちゃん、フーテンの寅さん観た?」と聞かれ「いーや」と応えたばっかりに、説得され以後、48作観る幸せを得ました。
寅は山田洋次監督の大ファンです。「家族」よかったねぇ~、「幸せの黄色いハンカチ」よかったねぇ~、「武士の一分」よかったねぇ~。

「家族はつらいよ」の一作目を観て、二作目が間もなく封切りになります。楽しみです。

        ~寅~
Unknown (せたしじみ)
2017-05-27 08:13:40
寅さん ごめんなさい。全然気がつかなかったのです。寅さんのブログはお気に入りに入れて毎日一度は見ていたのですが、自分の読者登録の所までも気がいかなかったようです。早速寅さんの読者登録しました。昨夜は友人が貸してくれた「キネマの天地」というDvDを見ました。山田洋次監督で松竹オールスターの出演、「男はつらいよ」のメンバーも全員出て懐かしい俳優さんたちをみました。30年ほど前の映画です。
私も目が強度に悪く15年前に白内障の手術をしましたがその後もどんどん進んでいるようで今日も眼医者さんに行こうとおもっているところです
今日「家族はつらいよの2」の封切日ですね。是非見に行こうと思っています。これからも宜しくお願いします。
Unknown (ootora68)
2017-05-27 10:24:32
せたしじみさん、おはようございます。

読者登録してくれてありがとうございます。

寅も早速、読者登録しました。

こちらこそこれからも、よろしくお願いします。

       ~寅~

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の業」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL