都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



看板建築4軒長屋
所在地:中央区湊2-1
構造・階数:木2
備考 :解体
Photo 2006.4.7

 下記「ぼくの近代建築コレクション」によると、2008.7時点では既に解体済みだったとのこと。この写真の後、1~2年の内に解体されてしまったらしい。写真の時点で、既に左から2軒目と右端は1Fが板で封鎖されていて無人だったようだ。

 2Fの正面側壁面はモルタル塗り、側面と屋根まわりのパラペット状の部分はトタン張り。側面のパラペットが階段状になっていることから推測するに、屋根は後方への片流れだったのかもしれない。また、トタン張りの部分は後から従前の壁面を覆う形で付けられたようにも見える。

ぼくの近代建築コレクション四軒長屋、ディグ/湊2丁目
Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 中央区 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 廣澤製作所 2012年7月・8... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。