都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



東京新旧写真比較(1994/2012) No.46 千代田区富士見の木造家屋群

木造家屋群
所在地:千代田区富士見2-1
構造・階数:木2
備考 :2008年に再開発により解体
Photo 1994.7.16(ノーマル)、 Photo 2012.12.8(マウスオン)

 東京大神宮のそばに、木造2階建て家屋ばかりが数棟建つ一角が数年前まであった。2007年にはまだ全ての建物が残っていたが、2008年4月頃から順次解体されて、2009年にはそれらの跡地に一棟の9階建ての共同住宅が造られた。

 その後、一連の工事が終わったので、以前と同じ所からの撮影を試みた。画面内に残る建物がほとんど無いので位置取りが難航したが、だいたいこのような感じではないかと思う。

大木がある木造家屋
Photo 2006.5.14(ノーマル)、 Photo 2009.11.28(マウスオン)

 黒い板塀に囲まれた住宅には大木があり、家屋がその陰にひっそりと建っていたのが印象的だった。家の解体時には枝が全て落とされて幹だけになったが、伐採はされず一本だけ残された。木造住居の街並みが完全に消えたのは残念だったが、樹木が残されたのは、この大木が保存樹などになっていて、自治体が保存を要請したり指導したのかもしれない。もしくは、開発者が環境や歴史について少し考えたのか、その緑がウリになると考えたからか・・・。

Tokyo Lost Architecture
#東京新旧写真比較 千代田区  #失われた建物 千代田区  #街並み 千代田区 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 2013年4月 記... 新宿地下探索 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。