都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



正金アパート
所在地:中央区新富1-17   Google Map
建設年:1931(昭和6)
構造・階数:RC・5F
Photo 2006.4.7

 新大橋通沿いに威容を見せていた正金アパートも、解体されて何らかの建物に建て替えられる予定があるそうだ。居住者の移転先が決まって引越が終わったら解体が始められるということが下記のブログに書かれていた。上写真ではまだ1Fの店舗の多くが営業していたが、現在は既に大半が閉店している。

 2、3Fは大型の窓で一つ一つに庇と小さなベランダが付いている。4、5Fは窓の幅がみな小さく、個別に庇やベランダはない。その代わり全体を巻くように庇が付けられている。両者で窓まわりのデザインが異なるのは、内部の間取りを反映した結果なのだろうか。そのあたり、ちょっと興味をそそられる。

アパート玄関周辺
Photo 2013.10.13

 玄関直上、2、3Fのベランダはなぜか撤去されており、柵などの痕跡が残っている。

 古色蒼然として一見すると廃墟のようにも見えるのだが、掃除もしっかりされていて内部はきれいなのだそうだ。大通り沿いに建っているため、採り上げているサイトやブログも多い。

 内部については下記ブログにもあるので、拙ブログではまた機会があったら掲載するかも。

『オカシミと寝落ち』 > さようなら。お化けアパート。【正金アパート】
           さようなら。正金アパート。その2【今までで最長かも】
収蔵庫・壱號館正金アパート
アクトデザイン凛太郎のブログ新富町散策 Ⅰ 正金アパート
ぼくの近代建築コレクション正金アパート/新富1丁目
ニッポン懐景録 > > 中央区新富1丁目

2016.3追記
Google S.V.によると、2014.8までは存在していたが、その後、2015.6までに解体された。

Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 中央区 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 築地6丁目の木... 2013年11・12... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。