都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 JR上野駅浅草口を出て、駅前広場の反対側正面、浅草通りの角にあった建物。

所在地:台東区東上野3-19
階数 :3F
2004年頃解体
Photo 1992.8.13

 書店、寿司屋、たばこ屋が1階に入居していた。壁面がタイル貼りなので、RC3階だと思うのだが、木造3階の看板建築とも考えられ、詳細は不明。角のたばこ屋(玉生商店)部分は3階建て。でも浅草通り側の3階窓はなぜかかなり下方に付いている。2階から上は住居として使われていたのだろうか。写真を見ていたら、逆に内部の様子が知りたくなってきた。一方、右側は2階建ての上部に看板が付いていたらしい。2階の窓が全て共通なので、一体的なビルなのだろうが、それにしては3階部分がばらばらだ。

参考サイト及び記事
ぼくの近代建築コレクション」> 地下鉄ストアビル、きつね寿司/東上野3丁目
tansei.net」> 近代建築 > 上野駅前の店舗付住宅閉鎖

 tansei.netの記事内の写真には、建物の右側側面が写っている。側面からみたときにトタン貼りで屋根が傾斜しているところをみると、木造看板建築だったのかとも思われるが、正面の壁面はかなりしっかりしたタイル貼りで、どうも木造には見えない。もしかすると本体はRCで、増築部分が木造とかいうことだったのだろうか。専門外なのでこういう建物の構造はよく分からないのだが、見ているとどうも気になる建物だ。いずれにせよ、建物が解体されてしまった今となっては、関係者に聞き取る以外には本当のところを知る術はない。

 さて今回参考にした「ぼくの近代建築コレクション」には、下町の古い建物の写真が沢山掲載されている。80年代に撮影された写真が多いようだが、これを見ていると、20年ぐらい前までは、東京にも様式建築がごろごろあったのだなぁと再認識させられる。私が東京に出てきた頃まではまだ方々に近代建築があったわけで、早い内にもっとたくさん見ておけばよかったなと、今更ながら思うことしきり。そう考えると、2020年頃になると、現在に対しても同じような感慨を持つのだろう。やはり今のうちにあちこち見ておかなければいけないな。

Tokyo Lost Architecture
#失われた建物 台東区 


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


« 一年経過 夜のさくら新道 »
 
コメント
 
 
 
うへへw (とおる。)
2006-12-25 21:54:45
僕の近代建築さんに頻繁に登場する、とおる。は私なんですよw
 
 
 
建物の構造 (流一)
2006-12-26 21:46:52
「ぼくの近代建築」の流一です。私のブログを紹介していただきありがとうございます。Asabata様の目にとまるとは心強い限りです。
当の建物ですが、私のブログでは「看板建築」と決め付けた書き方ですが、理由は特になく、たとえ木造でも看板建築とは言えないようですね。
 
 
 
看板建築? (asabata)
2007-01-17 23:45:43
流一様
藤森照信先生が看板建築と言い出したときは、木造で前面だけ洋風のものを看板建築と呼んだそうですね。一見するとこの建物は、木造の看板建築にしてはちょっと装飾が立派すぎるような気が私はしたのですが、これとて写真だけから判断したに過ぎないので、実際のところは私には分かりません。例外的な建物もあるかもしれないので、こういうのは難しいですねぇ。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。