都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



大学堂書店・小川楽器店・金宝堂
所在地:文京区本郷6-24
建設年:?
構造・階数:木2
2003年頃に解体。
Photo 1994.11.28

 本郷通り沿い、東大本郷キャンパスの反対側に並んでいた店舗群。少なくとも左の二軒は構造的に一つの建物。右の金宝堂も壁面がつながっているので、あるいはひとまとまりの棟割長屋を看板建築状に改装したものだったのかもしれない。

 金宝堂(時計と洋品)は窓のサッシが替えられていたようだが、大学堂書店(古書)は1F、2Fの扉や窓が木製枠のままで、小川楽器店(琴三弦)も1Fの扉は木製。2Fのアーチ状の飾りの紋様は、改めてみると西洋様式建築ともちょっと違っているようでおもしろい。

ぼくの近代建築コレクション魚安、大学堂書店/本郷6丁目
都市風景の旅 > 近代建築 > 東京都文京区本郷6丁目

Tokyo Lost Architecture
#失われた建物 文京区 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前傾姿勢 2011年1月 記... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。