都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



三軒の極狭店舗

東和ビル
喫茶室シャルル・すなっく里恵加・サンドール
所在地:新宿区神楽坂6-8
構造・階数:木造2F?
備考 :数年前に解体・建て替え
Photo 1995.1.27

 神楽坂の坂を上って大久保通りを越えた先の右側にあった建物。柱間一間と狭いのだが、そこにスナックなどの入口が3つあったのがとにかくスゴイ。店内に入らずじまいだったので、内部の様子は分からないが、この外観からすると、下手をするとめちゃくちゃ細長い店だったことになる。

 おそらく2階建てで、左端の喫茶室シャルルはたぶん階段を上がった先の2階。問題は残りの、すなっく里恵加とサンドール。この幅の狭さでは店として営業不能に近い。カウンターのみなら、もしかするとアリかもしれないが、それでも多分幅1.5m弱の店になってしまう。考えられる方法は、建物の前後に住み分けをすること。どちらかは扉を開けた後、細長い廊下を伝って奥の方に行くと席があったのかもしれない。確かめてみたかったが、入ったら最後、出てこられなくなりそうでちょっと怖かったのだった。

 しかしどうしてこういう店が出来てしまったのだろう。最近の東京ではあり得ないものが、昔は平気で存在するのが少々不思議である。

 ちなみに、2000年の住宅地図では第三東和ビルと記載されていた。また、両隣の建物は現存している。

Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 新宿区 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 広尾食品デパート 2008年9月 記... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。