都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 おばけ階段の近くにあった旅館はいつのまにかなくなっていた。

旅館・上海楼
所在地:文京区根津1-20
構造・階数:木2
建設年:?
2005年初めに解体
Photo 1995.5.14

 根津教会がある道をおばけ階段の方へ向かっていくと、教会と同じ側に建っていた。いつの頃からそうなっていたのかは知らないが、ピンク色に塗られた外壁が印象的だった。中華街など、中国風建築は原色の極彩色のイメージが強い。上海楼の建物は基本的に和風建築だが、ピンク色の外観はその名からイメージされる色合いに合っているような感じだった。

 必ずしも、良い建物だったとは思わない。どちらかというと妙な建物だったが、無くなってしまうとなんだかとても寂しいものだ。跡地には普通のマンションか何かが建った。今思うと、街を特色づける一つのポイントになっていた建物だったのだなぁと思う。

 この近辺は江戸期には根津神社門前の岡場所があった場所で、明治初期には遊郭だった場所らしい。現在の東大が本郷に置かれることになり、根津遊郭が洲崎に移転したことは比較的有名だ。それもあって、この上海楼の建物を遊郭の名残とする記載も見られるが、写真の建物じたいが遊郭の建物だったかどうかは定かではない。

 根津遊郭は明治21年(1888)に廃止されたという。写真の建物が、明治初期のものなら、これは昔は遊郭として使われていたのかもしれない。もし明治後期以降の建物なら、最初から旅館かなにかだったのだろう。モルタル塗りの派手な色の外観はそんなに古い建物には思えなかったが、建設年を知らないのでなんとも言えない。もちろん、旧遊郭が旅館業に転向した可能性はあるので、上海楼という旅館は、なんらかの名残なのかもしれないが、そのへんの詳細について、私は未調査。

Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 文京区 

2008.9.19 追記
 関連情報が、ぼくの近代建築コレクションに記載された。

上海楼、弥生アパート/根津1丁目


コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )


« 酷道をゆく2 中央区京橋 »
 
コメント
 
 
 
美しい建物たち (ぺん太)
2008-07-30 20:19:18
洲崎の遊郭跡を歩いたのはもう10年も前になるでしょうか。鮮やかなタイルの輝きやしゃれた形のバルコニーに目を見張りました。同時にその建物が背負っている悲しく切なげな「気」のようなものも強く感じたのを覚えています。その後も古い建物を熱心に調べたり訪ね歩くようなことはありませんが、ふと立寄ったまちで時代を感じる建物を見つけると、しばらく眺めるようになりました。そんな建物もどんどん減っているようで本当に寂しい限りです。
 
 
 
微妙な建物 (asabata)
2008-08-03 23:36:19
ぺん太さま
洲崎の建物には事実があるので、それなりの重みを伴った「気」が感じられますね。上海楼に関してはそのへんが定かでないのと、建物デザインにこれといった特徴が見られないので、建物からは同種の気はあまり感じられませんでした。強いて言えば色なんですが。あとは根津神社門前という場所のイメージ、いわゆる地霊でしょうか。
 
 
 
1990年頃 (takanami)
2009-11-29 23:57:01
1990年頃ですが、前を通りがかると真っ赤な布団がたくさん干されていました。
赤い布団といえば昔は遊郭でしか使用しないものだと思います。
 
 
 
赤い布団 (asabata)
2009-11-30 01:15:50
takanami様
コメントを頂きありがとうございます。
その後、戦前の資料等をあまりあたっていないので確証はないのですが、
記事内リンク先の「ぼくの近代建築コレクション」にもありますように、
上海楼は中華料理をだす料亭だったようです。
料亭ならば、芸者さんを呼んで宴会をするなどの他に、
+αで貸座敷で行われるような「こと」が行われていた可能性はあります。
ただ、根津遊郭は明治初期の1888年に廃止されており、
その後は三業地としても指定されてはいなかった場所なので、
赤い布団のお話は気になりますが、
少なくとも公許の「遊郭」ではなかったようです。
またよろしくお願いします。
 
 
 
懐かしいですね (今は昔)
2011-01-19 16:48:22
懐かしく拝見しました。昭和50年頃に日本大学通信教育部のスクーリングの際に7~8月の1ヶ月ほどを過ごした所です。今はもうなくなったんですね。写真を見て懐かしく,また明日を夢見てがんばっていた青春時代が懐かしくよみがえってきました。
 
 
 
Unknown (asabata)
2011-01-20 23:00:26
今は昔様
妙な色の建物だったのと、楼の字がついていたので、つい想像が膨らんでしまうのですが、やはり普通の旅館だったようですね。
私自身も昔、豊島区内の旅館にしばらく滞在したことがあり、今でもその時のことを懐かしく思い出したりします。
上海楼を懐かしく思う方もやはり多いのでしょうね。
 
 
 
思い出の「旅館・上海楼」 (昔の田舎中学生)
2012-11-21 11:16:34
私が東北の中学生時代に修学旅行(1965年.47年前)で宿泊した思いでの旅館なのです。昔のことなので古い建物の印象だけで全く記憶に残っておりませんでしたが、卒業アルバムに載っていた「旅館上海楼」の看板写真を頼りに検索し上記写真を発見しました。まさかこんな写真が残っていることの驚きとともに感謝の思いです。改めて旅館のあった場所や建物の外観を知ることができ、とても懐かしく拝見いたしました。
 
 
 
修学旅行旅館 (asabata)
2012-11-25 00:13:14
昔の田舎中学生さま
コメント有り難うございます。
本郷・根津界隈には修学旅行や大学受験の学生を受け容れる旅館がまだ結構ありますが、上海楼もその一つだったようですね。数年前までだったら実際に御覧になったり泊まったりすることもできたのですが。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。