都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



東京新旧写真比較(1997/2008) No.18

Photo 1997.12.18(ノーマル時)、Photo 2008.1.28(マウスオン
新宿昭和館
所在地:新宿区新宿3-35
構造・階数:RC2・地下1
建設年:1951(昭和26)
解体年:2002.4に閉館。その後、解体
備考 :映画館としては1932(昭和7)に開業。

 新宿昭和館は任侠映画専門として知られた映画館だった。だが、今回調べてみたら、そうなったのは昭和40年頃以降で、当初は洋画上映館として開館したのだそうだ。

 昭和館のあった場所は新宿通りから南に入り込んだ一角で、それは甲州街道から北に入り込んだ場所でもあり、表通りからは少し離れた場所だった。駅からは比較的近いが表通りに較べると人通りは少なく、ちょっと怪しげな雰囲気のある場所で、地下に成人映画館があったことも関係があるのか、現在も風俗系の店舗が少し集積する場所である。

 立地や場所が雰囲気を生み出したのか、映画館が場所の雰囲気を創ったのかは定かではないが、3丁目のこの周辺は微妙な空気が漂う場所である。

 2002年に惜しまれつつ昭和館が無くなった後、跡地には小さな映画館と飲食店が入居した複合ビルが建てられた。

 左後方に写っているのは三越新宿店南館。三越南館は1991年開業。上の写真の時にはまだ三越だったのだが、99年に大塚家具に賃貸され、下の写真の時(現在)は同じ外観だが大塚家具となっている。

参考記事
港町キネマ通り新宿昭和館/昭和館地下劇場
神宮寺表参道映画館嗚呼、新宿昭和館
魅惑の昭和館

2009.1.11追記
 2008.12.27に、誤って以前の文章を別のものに差し替えてしまいました。テキストのバックアップが無かったため、オリジナルのものには復元不可能ですが、およそ似た内容の記事を書き直しました。

Tokyo Lost Architecture

#東京新旧写真比較 新宿区  #失われた建物 新宿区  #夕景・夜景 


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


« 刑部邸 2 新宿松竹会館 »
 
コメント
 
 
 
新宿の下町? (fuku)
2009-01-30 22:08:15
ヤクザ映画、地下はポルノ映画を上映していた映画館ですね。
また20年以上前の話ですが、この映画館からパラパラと出てくる客は、高倉健さん、菅原文太さん等の主人公になりきって出てくる人が多かったです。
笑ってはいけないのかもしれませんが・・おかしくておかしくて・・出てくるほとんどがコワイ感じの人だったので、笑うのを一生懸命こらえていました。

でも、今の映画って面白くて素晴らしい物が多いけど、昔の映画みたいに大人も子供も好きな主人公になれる映画って少なくなった気がします。
 

 
 
 
いい写真ですね (楽笑)
2009-01-31 11:32:04
はじめまして。

東京に出てきたばかりの自分は、avirexでよく買い物をします。

今、読んでいる幻冬舎文庫”名画座番外地”の舞台である新宿昭和館が、まさかその場所だったとは…とても驚きました。

今後とも、立ち寄らせてください。よろしくお願いします。
 
 
 
Unknown (asabata)
2009-02-01 01:18:41
fukuさま
昭和館周辺は、ふうぞく系や場外馬券売り場などがあって、
まさしく男街ですね。
昭和館はそんな街に相応しい映画館だったと思います。
今は、ちょっとオシャレ系の施設になってるみたいですが、
今後はどうなるんでしょうか。

楽笑さま
初めまして。コメントありがとうございます。
新しい建物に建て替わってしまうと、
昔のことは全く分からなくなってしまいますね。
今後もよろしくお願いします。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。