都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 北新宿と西新宿の境の一帯では、税務署通りの拡幅工事が数年来続けられているが、ここへきてようやく大半の建物の立ち退きが終わり、道路の様子がよく分かる状態になってきた。沿道では超高層マンションへの建て替えや、昨日も記した超高層オフィスを含む市街地再開発事業が行われている。

 数年前に来たときに見た沿道の老朽建物群は殆どが無くなっていた。幹線道路沿いに老朽建物が建ち並んでいる場合、たいがいそこには道路拡幅等の都市計画が存在する。計画があるので、建て替えもままならず残されてしまっているのだ。税務署通り沿いの建物群もそのような状況下で残されていたが、6年の間に状況はかなり変わっていた。

 ところが、通りを歩いていくと、いくつか奇妙な建物が現れてくる。

Photo 2006.2.18

 道路が造られる場合、たいがい沿道の土地・建物の所有者は補償を元にビルに建て替えたり、土地を手放して引っ越していく。従って沿道の建物は殆どが一新されるのだが、ここでは妙な形で建物の一部が残っている。

 大根を切って切り口にラップを掛けたような感じとでも言ったらよいだろうか。そのままでは部屋の中が剥き出しになるので壁をあてがったとしか言いようがない建物が点々と並ぶ。計画道路の境界線に沿って巨大なカッターを動かして、建物を次々に切ってしまった感じ。 このような形で道路が造られているのは初めて見た。ヨーロッパや中国の場合は、煉瓦造や石造なので、道路になる場所だけを壊せば済むが、軸組構造の日本建築は、柱が片方無くなったら梁が落ちてしまって成り立たない。でもここでは半分になった家とか、薄い二階建てが残された。大丈夫なのかな? かなり狭いみたいだけどこの二階って住めるのかしら? だいたい二階に上がれるの?

 さて、そのような建物群の中にひときわ異彩を放つ「壁」が・・・。

Photo 2006.2.18

 最初に見たときは、正直言って何なのか分からなかった。裸体の女性が二人佇む爽やかな壁画(ちょっと東郷青児風)。何故こんなところに? と思った直後、背後の煙突を見て、全てを了解。なんと銭湯の浴室が壁を残して解体されていたのである。浴室の内壁はいつのまにか外壁になっていた。よく見ると、切られた梁などにはちゃんと蓋がしてあり、完全に外壁として今後も使うつもりであることが分かる。壁画の中央下部には引き戸が取り付けられ、外への出入口になっている。フェンス越しにちょっと覗かせてもらうと、浴室は洗濯物を干す庭になっていた。

Photo 2006.2.18
Photo 2000.4.16

 帰った後、昔の写真を見てみたら、偶然にも「吉野湯」というこの建物を撮っていたことがわかった。この写真から考えると、この壁画は正面奥にあり、男湯と女湯にまたがって描かれていたことはほぼ間違いない。壁画の裏側に接した建物が道路予定地外だったため、この壁だけが残されたのかも知れない。

 お時間のある方はいちどお訪ね下さい。写真で見る以上に奇妙な景色です。

Tokyo Lost Architecture
#失われた建物 新宿区


コメント ( 4 ) | Trackback ( 2 )


« 「新宿村」あたり 新井薬師前駅北口 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (廃墟徒然草)
2006-03-24 20:15:42
拙blogの銭湯壁画の記事

http://blog.goo.ne.jp/ruinsdiary/e/76484f8cd22a202a9f56f70c4a6740a7

から、こちらの記事をリンクさせて頂きました。



外見はきわめて普通のお風呂屋さんだったんですね。

ランドリーを設置するためか、

入り口を改装してしまった様に見えるのは惜しいですね。

 

 
 
 
北新宿 (MASC)
2006-04-02 01:37:20
トラックバックありがとうございました。

仕事の関係で、北新宿で写真を撮ろうと夜になってしまうので、昼間の画像を見られたのは、ありがたかったです。ありし日の銭湯の画像は貴重ですね。



駄菓子屋横丁、有楽町の商店街、五反田池上線下の飲み屋街、懐かしい街が急速に失われてゆく時代になりました。中野のブロードウェイ脇の袋小路の飲み屋街もついに・・・次は、新東京タワーで押上、曳舟あたりが地上げ・マンションラッシュのターゲットになりそう。人知れず消え行く風景を、人に知らせるくらいしか我々にはできませんが・・・



今後とも、よろしくお願いします。

 
 
 
無くなっちゃった? (asabata)
2006-04-04 13:06:15
MASC様

池上線下の飲屋街も、ブロードウェイ脇の飲屋街も無くなっちゃったんですか? もう一度見たいと思っていたのにとても残念です。押上、曳舟は、周辺でもいろんな意味で注目している人が多いです。本当に東京は変化が激しい街だなと改めて思います。



今後もよろしくお願いします。

 
 
 
池上線下 (MASC)
2006-04-11 14:08:07
池上線下は1年以上前に完全に消滅しました。今は、別の建物が立っているでしょうね。



中野の方は、完全に袋小路になったゴールデン街風のエリアのまんなかの島の部分が工事中でした。飲食店ならまだよいのですが、あれがマンションだったら・・・ディープなたたずまいのスポットは再び地上げのターゲットになっていますね。渋谷の恋文横丁も消えてしまいました。



新旧のコントラストが魅力だった東京が新しいものだけになると、かなりさびしい気がしますね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
消えて行く街と故郷を失う人々 (成功の旅)
気に入ったらクリックしてね! 新宿副都心の高層ビル街が、1898年竣工の淀橋浄水場跡地に建てられたことは東京市民であれば誰でも知っていることです。淀橋浄水場によって東京に衛生的な近代的水道のインフラが完成したのです。 「北新宿」という役人的地名が付けられ
 
 
 
エッヂな街-北新宿1- (Sense of Wander)
小滝橋通りから、税務署通りに折れると、その変貌ぶりに驚いた。 都心に近い昭和の遺物の宝庫であった北新宿に遅ればせの再開発の波が押し寄せ、バブル期さながらの様相を示していた。 あちこちで取り壊された店舗や住宅、その背後に西新宿の超高層ビル群がきらびやかな輝き