都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 11月中旬、銀座に行ったときに通りかかったら既に解体用足場で覆われ、姿が見えなくなっていた。

秀吉ビル(写真中央の建物)
所在地:中央区銀座5-5-14
建設年:1928(昭和3)
構造・階数:RC4、後年6階建てに増築。
2006.11解体
Photo 2001.6.24

 有名な建物が無くなるときなどは、新聞その他にも情報が出回ったりするし、そのような建物の場合は、訪れる度に写真を撮ったりすることも多い。しかし街角の小さな建物の場合、そのうちにまた来て撮ろうなどと考えている内に、あっさり解体が始まってしまい、後悔することもしばしば。

 この写真も偶然に映り込んでいたカットからトリミングしたもの。だから、建物壁面に付いていた、装飾などのディテールはよく分からない。Googleで検索してみたら、いくつかのサイトで、正面ファサードの様子が分かる写真が載せられていた。

秀吉ビル(HP「デジカメ散歩」内、玄関、階段の写真もある。)
街の風景 - 秀吉ビル
「銀座散歩」には、秀吉ビルの他にも多くの銀座の近代建築が掲載されている。
ニッポン懐景録 - 東京都 中央区銀座5丁目
ニッポンWinterGarten・二十面相の館&東京建物写真館 - 秀吉ビル

 しかしファサード全体を一枚に収めているものは見あたらない。前面の道幅が広くないので、近くから正面全景が収めにくいのが主な理由なのだが、他にも、トラックなどの路上駐車が非常に多く1階部分がなかなか写せないこと、夏場は街路樹も邪魔になることが、全体写真を撮りにくくさせている。

 4階の柱上部、軒先には装飾が付くが、5、6階は後年の増築だそうで、こちらには全く装飾がない。6階などは窓の形も異なっており、かなりプレハブテイスト。昭和の初めの古い建物なのだが、外部だけを見ると、あまり撮影意欲がわかない。

 そんなわけで、ちゃんと撮らずにいたら解体が始まってしまった。西銀座ビルの時には、まだ銀座にはちらほら近代建築が残っていると書いたが、最近の銀座では、昭和初期の建物が次々になくなっていくような気がする。気づいたときには、後回しにせず撮っておかなくちゃいけないなと、今回も思った。

 Googleで検索すると、秀吉ビルに関しては、なんだかかなり厄介な事情が絡んでいたようだ。いろいろな思惑に巻き込まれた末、80年近い歴史を持つ建物は消えていく。

Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 中央区 


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 口羽医院 神保町ビル »
 
コメント
 
 
 
秀吉ビル (k-kai)
2006-12-17 00:48:40
こんばんは。

ながらく放置されていた秀吉ビルもいよいよ解体ですか。
増築部分が無粋な建物でしたね。
それにしても暴力団絡みの事情があったとは知りませんでした。でもこの手の物件は多いんでしょうね。

銀座も近代建築が減ってしまいましたね。
寂しい限りです。
 
 
 
実は (asabata)
2006-12-19 20:44:20
秀吉ビルについては、ちゃんと見たことが実はないままに終わってしまいました。長らく放置されていたのですか。やはり「事情」があってのことなのでしょうね。新田ビル、平和生命館・・・次々になくなっていくのは本当に寂しいです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。