都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



講談社別館(旧三井高陽邸)
所在地:文京区目白台3-29
建設年:1936(昭和11)
構造・階数:RC2
解体年:2006(平成18)
Photo 1997.6.1

 音羽通りから東大病院分院へ向かって上る三丁目坂の入口近くに建っていた洋館。三井家の邸宅として建てられたもので、戦後は米軍に接収され、返還後の昭和28年に講談社が入手して利用していたのだという。門が閉ざされていて内部の様子は分からなかったが、門が立派でかなりのお屋敷なのだろうとは容易に想像された。

 原稿を書いて貰うために作家を缶詰にしたりした建物だともいうが、内部写真を見ると立派な邸宅で、私がもしこんな場所に缶詰になったら毎日楽しくて逆に全然書けそうにない。まあそんなことは絶対無いので杞憂なんだけど・・・。

 下記のブログ記事(夏の記憶)には、解体直前に行われた見学会の折に撮影された内部写真がある。見学会をするくらいなら壊さなければいいのにと思うのは私だけだろうか。開発をする人たちの考えは理解しがたい。

 この建物の少し西側から北へ入ったところには、野間道場という木造の剣道場があったそうだが、こちらも2007年に解体されている。

都市風景への旅東京都文京区目白台2・3丁目
喫茶店で瞑想して、 銭湯で元気になる夏の記憶 1
まちかど逍遥講談社旧館(東京歩き)
のりみ通信講談社第一別館(旧三井邸)解体 ―手塚治虫ゆかりの地がまたひとつ…
月刊旧建築講談社所有の野間道場、解体へ

Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 文京区



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« 「東京の階段... フジポッド・... »
 
コメント
 
 
 
重文クラス (杣辺 温)
2010-03-23 21:17:04
講談社別館は意匠もすばらしかったですが、
設備もよろしい。さすが重文クラスと言われただけの
ことはありました。これは天井から下がる放熱器。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~Eletz/f60.html

講談社は「失われた近代建築」という書籍を
発行しましたが、この建物を自ら取り上げる
勇気があるかどうか。
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2159538
 
 
 
Unknown (asabata)
2010-03-25 01:19:22
杣辺さま
御無沙汰しております。
今となっては貴重な写真を興味深く拝見しました。
今のような空調システムの無い時代に、かなり手間を掛けていたのですね。

ところで、お写真の天吊りの放熱器ですが、
井戸水などの冷水を通して、暑くなりがちな台所を冷やした、
なんてことはないのでしょうか。
といっても、そんなもの聞いたこともないので勝手な想像ですし、
そんなことしたら、湿気が結露して水滴がぼたぼた落ちてきそうではありますが・・・。

「失われた近代建築」の写真集なんてのも出てたんですね。見てみたいです。
しかし本件は載るのでしょうか?
資料的には当然、ふんだんに持ってそうですが、
保存にさほどのこだわりがないことを自ら暴露するようなものなので、
微妙ですね。
 
 
 
おもしろいアイデアですね (杣辺 温)
2010-03-25 06:36:22
放熱器をクーラーがわりにするのは、どこかで
やっていそうなアイデアですね。

天井吊りは効率悪そうなので当時調べたところ
http://www5f.biglobe.ne.jp/~Eletz/f85.html
文献に掲載するくらいなので、数例あったのかも
しれません。

「失った」ではなく、「失われた」近代建築であることと、あまり知られた物件ではないので
掲載しないと踏んでいます。
 
 
 
やけど (asabata)
2010-03-25 23:56:34
小さい頃、東京駅のステーションホテル内のレストランで、この手のヒーターに触ってしまい、やけどをしそうになったことがあります。
電熱器のように赤くなったりしないので、かなり熱くても幼児にはわからず、つい触ってしまったのでした。
囲いを造ったり、このように天井から吊れば、うっかり触ってしまうことはないですね。
まあ、そのために効率の悪い天吊りにするとは思えませんが・・・。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。