都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



ニイミ書房
所在地:文京区本郷6-17
建設年:1938(昭和13)
構造・階数:木2
2000年閉店、2002.11解体。
Photo 1994.11.28

 本郷通り沿いに建っていた本屋さん。独特のファサードデザインを持つ印象的な看板建築だった。山型の形で中央に縦に店名が書かれている結構大胆で珍しいデザイン。また、白黒写真なので判りづらいが、黒っぽく写った部分は部材が赤色に塗られていた。

 本郷界隈にしばしば行くわけではないので、思い出深い建物というわけではないのだが、雑誌などでもときどき紹介された気になる建物だった。

本郷まちづくり協議会 > 歴史的建築物 > ニイミ書店

ぼくの近代建築コレクション > ニイミ書房/本郷6丁目

Tokyo Lost Architecture
#古い建物 文京区  #失われた建物 文京区



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« 写真と人物 NTT茅場兜電話局 »
 
コメント
 
 
 
残念ではありますが (41)
2010-03-13 23:31:30
近隣住人でございます。
こちらのサイトでは、ご無沙汰でございます。
ニイミ書房、ファサードはなくなってしまいましたが、弁当屋になってます(HottoMotto)。
 
 
 
本体は残ってる? (asabata)
2010-03-14 21:32:28
41さま
情報ありがとうございます。
ファサードの装飾は取り払ったけど、躯体は残してお弁当屋にしたということでしょうか。
看板建築系の建物だったので、ファサードが無くなってしまうと、躯体は残っていても事実上消失したのと同じで、やはり残念ですね。
 
 
 
Unknown (たんぽぽ)
2010-03-15 20:20:33
ブラタモリ観ました。あの階段の昔がCGで再現されていてよくわかりました。あの辺はもっと坂が下まであったんですね~。

このニイミ書房のニイミはカタカナだし、不思議なデザインですね。小さい建物でも味がありますね。
 
 
 
Unknown (asabata)
2010-03-18 21:52:50
たんぽぽ
ブラタモリ、御覧頂き有難うございます。
六本木ヒルズの工事中は入ることができなかったりしたので、
私自身、今となってはちょっと想像しにくいですが、
昔はもう少し深い谷でした。

ニイミ書房は、確かに他にあまり似たものがない独特の建物でした。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。