都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



東京新旧写真比較(1981/2007) No.9 千代田区有楽町1丁目から

 同じ構図の場所を探してみたら、第一生命館の前にあるバス停からの写真だった。

Photo 1981(ノーマル時)、Photo 2007.1.28(マウスオン

 1981年当時、写真中央の富国生命ビル(1980完成)はできたばかり。右隣の日比谷国際ビル(1981完成)は建設最終段階だったらしく、屋上に小さなクレーンが載っている。

 左方、屋上のアンテナが目立っているのは三信ビル。朝日生命日比谷ビル(現 日比谷マリンビル)が角地でちょうど建設中で、この時点では、三信ビルの側面が、丸の内方面からもよく見えていた。三信ビルは、最後まで残っていた1Fのレストランが3月末に閉店し、5月から解体が始まったという。2007年1月のこの写真も、三信ビル最後の頃のものということになった。

 その右側、横連窓と各階のベランダ庇が特徴的なのは日比谷三井ビル(1960完成・SRC9F)。こちらはまだ半世紀も経過していないのだが、解体と再開発が計画されているのだという。鹿島建設のHP内にある、「ビル進化論」を見ると、当時としてはかなり大きな建物だったことが分かる。十分効率的に土地を使っているように見えるが、建て替えをしてでも、もっと効率的に使いたいらしい。

 細かいところを見ていくと、日比谷三井ビルの奥に、角部分が見えているのが帝国ホテル本館(1970完成)。こちらはまだそのまま。また、三信ビルのアンテナの後方に高層部が見えていた、旧第一勧銀本店(現みずほ銀行本店・1980完成)は朝日ビルに隠れて見えなくなった。反対に、2007年の写真では、三信ビルの奥にやまと生命本社(旧 大和生命本社ビル・1984完成)のガラス壁面がちょっとだけ見えている。

 それから、この場所からは、帝国ホテルと富国生命の間に東京タワーが見えていたが、日比谷セントラルビルが1983年に完成したことで、先端しか見えなくなってしまった。

 富国生命の手前には、日比谷公会堂が今も見えているが、隣の日比谷プレスセンタービルは、公園の樹木が成長して見えなくなった。公園の向こうには旧日本長期信用銀行(現 新生銀行本店)と大同生命霞が関ビルなどが建ち、高層部が見えている。また1981年の写真では、右端にわずかに霞ヶ関ビルが見えている。だが現在は霞ヶ関の合同庁舎に隠されて、これも先端のアンテナ部分だけしか見えない。

 26年を経て、日比谷の景色は変わったと言えば変わったが、意外に変わっていないとも言えるかもしれない。ただ三信ビルが解体され、日比谷三井ビルも解体・建て替えということになると、やはりかなり変わってしまうことになるのだろうな。

三信ビル:その1その2その3その4Blog版 その1その2

以下「超高層ビルとパソコンの歴史」から、個々の超高層ビル情報へのリンク

富国生命ビル日比谷国際ビル日比谷セントラルビル
旧第一勧銀本店(現みずほ銀行本店)
やまと生命本社(旧 大和生命本社ビル)
新生銀行本店(旧日本長期信用銀行)大同生命霞が関ビル

#東京新旧写真比較 千代田区  #失われた建物 千代田区 
#街並み 千代田区  #高層ビル  #塔


コメント ( 7 ) | Trackback ( 1 )


« ブリキヤ國嶋 早稲田大学11... »
 
コメント
 
 
 
三信ビルの今 (とおる。)
2007-06-14 07:32:24
先日、自転車で通ったときはすでに三信ビルの外壁周りは、解体のためのフェンスで取り囲まれ、上にあるアンテナだけが三信ビルの存在を主張しているかのようでした。

解体も仕方ないのかもしれませんが、さびしいですね。
 
 
 
日比谷交差点の帝国生命は... (landscape)
2007-06-14 18:27:51
1981年の写真を拝見し、ちょっと驚きました。
「交差点の旧帝国生命ビルが、写ってる!」と思いましたが、その奥の三信ビルであったようで...。

いずれにしても、更地になったのは1981年頃ということですね。

このビルの現役時代は知りませんが、ネットを被って、次の運命を待っていた頃、何となく見上げた記憶があります。

池袋の古書店で、「丈夫な體を保險で護れ」と宣伝が入っている「帝國生命 新築記念」の絵はがきを発見し、blogの記事にしたことがありますので、TBさせて戴きました。

P.S 三信ビルも最終段階に至ったようですが、商工会議所のある馬場先門のあたりから日比谷交差点方向を遠望すると、ビルの谷間に申し訳なさそうに顔を出している姿が疲れ切った表情のようにも見えます。
パークサイドのビルディングとして、業界の何かしらの知恵を期待していましたが、仕方ないのでしょうね。
 
 
 
Unknown (秋葉OL)
2007-06-14 23:26:54
三信ビルはこんなにはっきりみえていたんですね。
ちょうどお隣がなくなったからなのでしょうけれど・・・
日比谷シティもなかったころは眺望ひらけてたのでしょうね。

今や、右は囲われた三信ビル、
左には三井ビルの移転先のビルにもクレーンがかかり、
お堀端はしんぞうにわるいです(:_;)
 
 
 
三信ビル (asabata)
2007-06-15 03:13:48
とおる。様
近況をお教え頂きありがとうございます。
4月中は建物内外の調査を行っていたようです。その調査結果が新しい建物に活かされたりするのか、単なる資料保存のためなのか、その辺は分かりませんが、少なくとも記録に残そうという意志はあったようですね。
いつまでアンテナは見えているでしょうね。あのアンテナがどういう目的のモノだったのか、実はよく知らないです。
 
 
 
帝国生命 (asabata)
2007-06-15 03:26:31
landscape様
TBありがとうございます。Blogの方のハガキ写真、拝見しました。
帝国生命については全く知りませんでした。
壮麗な装飾が軒先に付いた様式建築が三信ビルの隣には建っていたのですね。
立派な様式建築がたくさん連なる街並みは、日本にはもうほとんどないかもしれませんが、そういう風景の中に身を置いてみたいものです。
 
 
 
日比谷シティ (asabata)
2007-06-15 03:35:40
秋葉OL様
いつもどうも。
三信ビルの側面がこのように見えている写真は、もしかすると少ないかも知れませんね。偶然だけれど不思議なタイミングで撮られた写真だと思います。
日比谷シティは中央にサンクンガーデンがあり、公共空間に配慮していたりするので、建築学科出身者的には、わりと好きなのですが、遠くから見ると、ただボーンと大きいだけでさほど魅力的じゃないんだなぁと今回思いました。
ビルの間に東京タワーが見えると得した気分になりますが、それも短期間のうちに見えなくなってしまったようです。
 
 
 
Unknown (テレビなコラム)
2007-08-19 09:00:41
日比谷交差点について詳しくレポートしているページを探してここまでたどりつきました。

さて、この記事を私のブログのページでご紹介させていただいたお知らせも兼ねて参りました。もしも、このご紹介について不都合があれば、お詫びを申し上げると共に、その旨、私のページの最新のコメント欄にご一報下さればうれしいです。確認でき次第、紹介の方はとりやめさせていただきます。もちろん、リンク継続OKということであれば、ご一報下さる必要はございません。今後ともよろしくお願いいたします。(最新のページ)http://sapuri777.blog31.fc2.com/

↓掲載のページです。
http://sapuri777.blog31.fc2.com/blog-entry-511.html
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
建築の風景*絵葉書から (川越の風)
日比谷にある三信ビルについては、その保存、延命についてネット上でも話題になっていますが(「三信ビル保存プロジェクト」など)、当blogでも何回か触れる機会がありました。日比谷公園の脇に昭和初期の姿を