都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



早大通りの住居と蔵(K邸)
所在地:新宿区早稲田鶴巻町519
構造・階数:木造2階、石造
建設年:?
備考 :2010解体・建て替え
Photo 2010.3.26

 早大通りに面して建っていた木造2階建て住居と大谷石でできた蔵。

 最近になって解体建て替えのお知らせが貼り出された。来春には6階建ての共同住宅(店舗)に建て替えられるようだ。

 早大通り沿いはここ数年の間に2階建ての木造建物が次第に減って、次々に中層のマンションやオフィスが建てられ、昔ながらの街並みは急速に変化を遂げた。もともと住宅地で個々の敷地がそれほど広くないため、結果的にペンシルビル型の建物が最近は増えている。

 この建物の右隣も以前は空き地で、最近7階建てのほっそりしたマンションができた。左側もマンションなので、マンションの間に挟まれて頑張っているなと思っていたのだが、あまり間をおかずこのお家も建て替えられることになった。よそ者からすれば、ひとまとめに建て替えれば良かったのになどと思うが、土地所有に関することは複雑なので、端から見るほど簡単ではなかったのかもしれない。

新しいマンションに挟まれた姿
Photo 2010.3.26

 改めて正面から眺めてみると、石造の蔵と玄関はかなり左に傾いている。全体が傾いていたので今まで気づかなかったが、となりに新築の建物がまっすぐに建ったら、傾きがやけにはっきり分かるようになった。

Photo 2005.3.29

 大谷石の蔵の窓には鉄製の庇と、棚のようなものが付いている。庇の板がガラス製だったのはちょっと意外。2005年の写真では、まだガラス板が嵌っていたが、解体直前の3月時点では既に無くなってしまっていた。

ニッポン懐景録新宿区早稲田周辺

Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 新宿区



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 東京の階段 plus 学習院大学 ピ... »
 
コメント
 
 
 
KYの蔵 (facilities01)
2010-05-21 00:49:10
この蔵には下のほうに「KY」と書かれた小扉を初めて見ました。
用途は不明ですが、とうとう取り壊しですか。
目的はこの先にあるボンジュでしたが。

※先日79号をお送りした者でございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
KYの蔵 (asabata)
2010-05-22 00:07:42
facilities01様
「KY」気づいてませんでした。
Kさんというお家ではありましたが、
小扉に書いたのは何だったのでしょう?
先週はまだ解体が始まってませんでしたが、
そろそろ作業が始まるはずです。

いつのまにか、始めておられたのですね。
また時々拝見させて頂きます。
今後もよろしくお願いします。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。