都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



明治印刷株式会社・同和製本
所在地:千代田区飯田橋3-4
建設年:?
構造・階数:木造・2F
備考 :2016.2時点で解体済み。ビルに建て替え。
Photo 2008.3.29

 2015年5月までは存在していたようだが、2016年春に訪ねたところ、既に解体され、隣の同和製本も同時期に解体されて、一体的に新しいビル建設の最中だった。

 鋭角の角地に面した台形の土地に建っていた建物。鋭角になった角部分に入口があるのが印象的だった。上方の3つの四角い部分は昔は明かり取りとかの窓だったのを閉じたもののように見える。

 大した装飾はないのだが、玄関部分だけ2方向にアーチが架けられ、3本の柱の間と、そのわきに入口がある。 今になって改めて見ると、二つの扉がどのように使い分けられていたのか分からない。片方は2階への入口だったのだろうか? 古い建物の場合、扉や窓は新しいものに取り換えられていることも多いが、この建物は昔のままだった

 一方通行の北東側の道に面した2階には窓が連なっていた。作業場に間接光を取り込むようにしていたのだろうか。

#失われた建物 千代田区  #商業系 

Tokyo Lost Architecture

白光堂、明治印刷/飯田橋3丁目 - ぼくの近代建築コレクション


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 静岡駅 駅ビル... Canon Powersh... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。