都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 火曜日に神保町へ行ったら、ある建物が解体されて既に更地になっていた。

神保町ビル
所在地:千代田区神田神保町3-3
階数 :3F+RF
2006秋に解体
Photo 1992.7.31

 今まで建物名さえ知らなかったのだが、住宅地図には神保町ビルと記載されていた。所在地のまんまの名前だ。1階はカバン屋、物産店、2階から上の用途は不明。RC3階+屋階増築ではないかと思うが、もしかすると木造3階+屋階だったのかもしれない。

Photo 2001.4.2

 神保町の靖国通り沿いには、以前は2~3階建ての看板建築系の洋風建物が建ち並び、1980年代頃まではまとまり感のある街並みを見せていた。しかしバブル期の頃から建て替えが進み、大通りである靖国通り沿いには8~10階建て程度のビルが建ち並ぶようになってきている。2001年の写真では、左側は奥まったプレハブ2階に建て替わり、右側は6階以上ある中高層建物になっている。壁面位置や軒高、ヴォリュームが異なる建物が建ち並ぶ状態になり、まとまり感のある街並みは次第に崩れてきた。全てが8~10階建てになって再びまとまり感が生まれる時は来るのだろうか。

Photo 1992.7.31 Click 600*400

 軒先に装飾が付き、また3階の窓には窓台、庇が付く。装飾のためか比較的目立っており、最近でも街並みの中でキーポイントになる存在だったので、あっという間に失われてしまったのは残念。

ぼくの近代建築コレクション神保町ビル/神保町3丁目
Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 千代田区 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 秀吉ビル TBについて »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。