都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 交通博物館ももうかなり前に閉館して解体されてしまった。来年初めには新しいビルが跡地に完成するという。なんだか時の経つのが早い。

交通博物館
所在地:千代田区神田須田町1-25
建設年:1936(昭和11)
構造・階数:RC・3F(後年4Fを増築)
閉館 :2006(平成18).5.14
解体工事:2009夏~2010夏
Photo 2005.3.25

 跡地には地上20F・地下2Fの賃貸オフィスビル、神田万世橋ビル(仮称)が2012年12月上旬に完成予定。完成後はオフィスのほか、各種店舗、カルチャースクールやビジネススクールが入居する見込み。

吹き抜け空間の蒸気機関車とヘリコプター
Photo 2006.1.15

 吹き抜け空間に展示してあったのは、9850形蒸気機関車(左)や国鉄C57形蒸気機関車(右)、ベル47-1ヘリコプターなど(上)

一号機関車・国鉄150形蒸気機関車(重要文化財)
Photo 2006.1.15

 昔は屋外展示だったという国鉄150形蒸気機関車も、1F奥に展示されていた。

クハ167形車両のカットモデル(左)と、
211系電車(東海道線)の運転シミュレータ(右)
Photo 2006.1.15

 運転シミュレータは子供にも大人にも人気。

2Fから(2枚の写真を合成)
Photo 2006.1.15
Wikipedia > 交通博物館
JR東日本神田万世橋ビル(仮称)の建設について
幻の国立産業技術史博物館鉄道博物館(1936年)
想い出となった交通博物館
TOKI : LOG万世橋・交通博物館の記憶 -その1-
Tokyo Lost Architecture
#失われた建物 千代田区  #鉄道  #飛行機 


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 「東京の微地... 交通博物館 2 »
 
コメント
 
 
 
お邪魔します。 (とおりすがり)
2014-04-23 15:55:46
初めまして、検索でお邪魔しました。

交通博物館、非常に懐かしいのですが、
たしか博物館前のガソリンスタンド隣の建物も
かなり古い建物(昭和初期の頃にはあった模様)でした。
(2013年9月現在では無くなっています)
 
 
 
Unknown (asabata)
2014-04-23 18:00:03
コメントありがとうございます。
御指摘の博物館前にあった古い建物は、下記(他の方のブログですが)ページの6枚目のマンサード屋根銅板張りの建物ではないかと思います。
解体されることが一昨年秋に明らかになり、個人宅ではありましたが解体前に内覧会が行われた末、昨年前半に解体された模様です。
http://blog.goo.ne.jp/kenmatsu_fs/e/8ec0c32322944cc2e8ff1ed3e491b619
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。