都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



以前の日比谷神社
所在地:港区新橋4-13
Photo 2006.4.15
2009.7.31に東新橋2-1に遷座

 上は、環状2号線の建設によって立ち退き移転する前の日比谷神社。
 一方、下は移転後の現在の様子。

現在の日比谷神社
所在地:港区東新橋2-1
Photo 2011.6.13

 「日比谷神社」という石碑は移設したようで健在だった。

 移転前と移転後を比較して改めて気付いたのは、新しい方の鳥居がなんだかいまいちだなぁということ。鳥居が縦長で、笠木の両側への張出が少なく、バランスがあまりよくないかんじ。敷地が狭いため仕方がなかったのだろうか。老朽化してはいたが、以前のものはオーソドックスなスタイルで、バランスもよく風格がある。以前は境内の緑も多かったのに、新しい境内にほとんど木がないも残念だ。

以前の日比谷神社 拝殿
構造 :RC
備考 :以前の日比谷神社も、1928年(昭和3)に移転してきたもの。
Photo 2006.4.15

 昭和初期の社殿だったのか、戦災で焼失して戦後に再建されたものだったのかは知らず。RC造の社殿は、移転を前にして補修があまりされず傷んでいたが、昔ながらのスタイルで、まあまあ好感が持てるものだった。RCで造られた木造建築風社殿は、関東大震災後や戦後期の寺社でよくみられるもの。震災や戦災の経験から不燃建築であることが重要視されたが、その形態は従来からの形を守っている。

現在の日比谷神社 拝殿
所在地:港区東新橋2-1
Photo 2011.6.13

 新しい社殿はモダンでフレンドリーな感じだが、5間の柱間が不定だったり、前面にかなり微妙な唐破風があるなど、個人的にはいまいちな感触。新しいが故の違和感であって、時間が経てば慣れるのだろうか。そのへんはまだ判らない。

2011.7.10 日比谷神社

Tokyo Lost Architecture

#失われた建物 港区  #新しい建物 港区  #神社



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ドレメ坂 ? 2011年8月 記... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。