都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 瀧山町ビルは銀座の街並みに溶け込んで建つ古い建物だった。

左)5Fから6Fに至る階段室外側の壁面、右)古い窓ガラスがはまる外壁
Photo 2008.1.26(Click:400*600)

 隣に建っていた交詢社ビルのように大きく派手なテラコッタ装飾があるわけでもなく、出窓があるわけでもない。増築によって、もともとの軒先の装飾も隠れてしまっているようだし、塔屋として屋上に出っ張っていた階段室も、現在は6Fに埋まってしまっている。

 だが階段室まわりの装飾はなかなか素晴らしい。また外壁のスクラッチタイルも濃い茶色で渋い。コンクリートモルタルの白っぽい壁の下端には波形のひだひだ模様が付けられていたりして、結構細部は手が込んでいる。

 上階の窓枠は建設当時のままなのだろうか、交詢社通りに面した3、4階には細い桟の古い観音開き窓が現在も使われている。並木通りに面した場所などにはこれまた古そうな突き出し窓も見られる。

玄関上部のプレートと装飾

 改めて見てみると装飾も意外に凝っている。玄関上部には「瀧山町ビルヂング」のブロンズプレートが掛かり、「中央区銀座西六丁目五番地」という住所が記されている。1928年(昭和3)のビル完成時、ここは京橋区瀧山町だった。瀧山町が銀座西になったのは、2年後の1930年(昭和5)だそうだ。一方、京橋区が日本橋区と合併して中央区になったのは1947年(昭和22)。銀座西の町名は1969年(昭和44)にまた変更されて現在の銀座になった。住居表示からすると、このプレートは1947年から1969年の間に設置されたことになる。

Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 中央区 


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


« 瀧山町ビル 1 瀧山町ビル 3 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ぺん太)
2008-02-16 20:21:29
うっすらと記憶をたどってみますと、交詢社ビルの一階には洒落た店が2軒ほど入っていて(片方はドイツ料理????)銀座に行くたびに「今日こそ入ってみよう」などと思っていました。当時(っていつ頃だろう?)はまだ若く一人で重厚な建物に入るのに気後れがして結局入らないまま終わってしまいました。あんなステキな建物でお酒が飲めたら絶対美味いに違いない。かえすがえすも残念です。
 
 
 
残念です・・・。 (k-kai)
2008-02-17 00:17:23
ごぶさたしております。

瀧山町ビルもついに解体ですか。
古い装いを持つ、銀座の歴史を感じさせてくれる建物が
またひとつ消えていく事が残念でなりません。
 
 
 
交詢社ビルと瀧山町ビル (asabata)
2008-02-17 01:56:07
ぺん太様
交詢社ビル、全く同感です。
私もあそこのお店には入らずじまいになってしまいました。
上の方の倶楽部などは更に御縁が無く、いつか入れたらなぁと思っているだけで終わりました。

k-kai様
ご無沙汰しております。
今日、明日にでも無くなってしまうということではなさそうなのですが、ゆるゆるとだが確実に解体の方向に向かっているということのようです。
新しい建物もそれなりに面白いのですが、古い建物が無くなっていくと、銀座を訪れる楽しみも次第に減ってしまうような気がして、それも残念です。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。