都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



日本平ホテル(Nippondaira Hotel)
所在地:静岡市清水区馬走1500   Google Map
開業年:1964年
階数 :4F
解体年:2011年
Photo 2011.2.22(この記事内全て)

 日本平の頂上近くにあるホテル。日本平観光ホテルとして1964年(昭和39)に開業。その後、1979年(昭和54)に静岡カントリーグループの日本平ホテルとなって営業を続けていた。

 しかし建物が老朽化したため、2011年4月中旬で営業をいったん終了し、既存建物を解体し、新築することになった。現在、新しい建物を建設中で、再開は2012年秋の予定だという。

前庭側から

 建物は大半が3階建てで、一部が4階。富士山と清水の街を望む北東側を向き、ラウンジやレストランも北東側が大きく開けている。観光ホテルなので、客室からの眺望が重視された設計。富士山の側には芝生の緩斜面が広がる。40年ほど前のモダニズム系デザインの建物なので、外観は素っ気ない。

 静岡で生まれ育ったのに、一度も行ったことがなかったので、建て替えられる前に行ってみた。といっても泊まるわけじゃなくて、ラウンジにお茶しに行っただけなんだけど・・・。

1F・玄関ロビー付近

 2階への折れ曲がった階段がなかなかいい感じ。庭園がドラマのロケ地になった関係で、ロビーの片隅にはキムタクの写真パネルが。

1F・コーヒーラウンジ

 インテリアは多少改装が加えられていたのではないかと思うが、休業間近だったためか、ややぱっとしない感じではあった。ただこのコーヒーラウンジからの眺望は素晴らしく、それを体験できただけでも結構楽しめた。

1F・コーヒーラウンジからの眺望(Clickでフルサイズ画像が開きます。)

 正面には富士山、手前は清水の市街地、やや右手は清水港。駿河湾越しに愛鷹山、箱根、伊豆の山々も一望の下に納めることができる。ラウンジから眺めるだけでなく、前庭に出て散策しながら風景を楽しむこともできる。

庭園からの眺望

 TBSのドラマ「華麗なる一族」(2007年)で一族の邸宅の庭として映っていたのはこの庭だそうだ。番組内では遠景が一部CG加工され、製鉄所が書き込まれたりしていたが、基本的にはこの景色で、オンエア後、この景色を見に来るお客さんも増えたという。確かに絶景。春先の穏やかな日で、途中からやや靄が掛かったようになってきたが、ほぼ雲一つない景色はやはり素晴らしい。

 ホテルの建物は建て替えられるが、庭園の方は恐らく再開後も以前に近い様子ではないだろうか。来年秋にホテル再開したら、是非いちど訪れて頂けたらと思う。

日本平ホテルHP
Wikipedia > 有度丘陵

Site Y.M. 建築・都市徘徊静岡の近代建築
#失われた建物 静岡県  #吹き抜け・アトリウム  #パノラマ 
#眺望  #山  #屋内階段


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 日東紡績静岡工場 芝東照宮 »
 
コメント
 
 
 
リンクいただきます (106)
2011-12-22 23:56:24
以前より拝見しておりましたが初めてコメントします
私もドラマ放送後にここへ行きました
庭園ばかり見てホテルはちゃんと見てませんでした
解体していたなんて知りませんでした
またあの景色を見に行ってみたいと思います
 
 
 
初めまして (asabata)
2011-12-28 21:29:45
106様
初めまして。御覧頂き、またリンク頂き有り難うございます。
106様のブログも拝見させて頂きました。
いろいろな種類の建物や構造物を取り上げておられ、大変興味深く拝見しました。
早速、拙ブログのブックマークにも登録させて頂きたいと思います。
今後もよろしくお願いします。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。