都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



らんぶる
所在地:新宿区高田馬場1-5
建設年:1945(昭和20)?
構造・階数:木・2F
Photo 1994.7.27

 早稲田通り沿いの名曲喫茶。写真の1994年時点ではまだ営業していたらしい。私自身はこの怪しい外観に気圧されて結局入ることがなかった。ただ先輩は入ったことがあると言っていた。なぜかは知らないが、マスターとロシア話で盛り上がったという。かなり前(2000年頃)から休業状態だが、建物はまだ存続している。

Photo 2006.7.29

 数年前の写真と比較してみると、東側の壁がトタン張りになり、東側の窓は塞がれてしまっている。また、2階東北角にバルコニーがあるが、そこに庇状に張り出した看板部分を支えていた2本の腕木の内の片方が腐って折れてしまっている。

Photo 2006.7.29

 「らんぶる」の文字は、94年時点で既に「る」が傾いていたが、「らんぶ」はついていた。ただ点灯していたかどうかは知らない。2006年時点では「ん」と「る」が落ちて、「ら ぶ 」になっている。最近では「ぶ」の点も落ちて、ちゃんと読めるのは「名曲」と「ら」だけに。

 また、営業していた頃には玄関先に置き看板があったが、これも現在はない。店内にしまわれているのかもしれない。

 高田馬場駅からも近く、早稲田通りに面しているので、知っている人は多い。だから、検索してみたらたくさん関連記事が出てきた。「とくとみぶろぐ」の記事には、電気メーターに昭和20年と書かれているとあった。だとすると戦後すぐの1945年に建てられたのだろうか。

 廃屋状態になって久しく、いつ取り壊しになってもおかしくない。らんぶるのわきの袋小路状の路地奥の家屋も取り壊されたりしているので、そろそろ解体なのかなぁといつも思うのだが、なぜか10年近くそのままになっている。この状態はもうしばらく続くのだろうか。

とくとみぶろぐ - 名曲喫茶らんぶる
東京街歩き - 「名曲喫茶らんぶる」の廃墟(1)~高田馬場
散歩絵 - 高田の馬場回想
イエロー・ドロップスのむふふな独り言 - 高田馬場 廃墟らんぶる

Tokyo Lost Architecture
#失われた建物 新宿区  #商業系 



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« 三井住友海上... 成増界隈の階段1 »
 
コメント
 
 
 
なつかしい! (kazu721010)
2010-09-19 10:02:29
らんぶる、学生時代一度だけ行ったことがあります。
「今日は暑いからアイスコーヒーでいいね。」
と、いきなりアイスコーヒーを出され面食らいました。
確かラジオからは高校野球の実況が流れていたような。
「名曲喫茶なんだから音楽ぐらい流せよなあ。」
と思ったのを覚えています。
あまりに居心地が悪かったのですぐに出てきちゃいましたけど。
 
 
 
ご無沙汰してます。 (asabata)
2010-09-19 21:15:00
ご無沙汰してます。
入ったことがあったんですね。
勇気があるなぁ。

メニューの選択不可なんて、すごいなぁ。
他のブログ記事を見ても、
末期はかなりいい加減な営業状態だったみたいで、
全然、名曲喫茶じゃなかったみたいですね。

ちなみに、同じらんぶるでも新宿3丁目のらんぶるは、まともな名曲喫茶です。
 
 
 
Unknown (黒須)
2010-09-22 11:35:44
当地在住、X十年です。噂では70年代前半、某Xマル派の溜まり場だったとか。少なくとも、名曲喫茶という認識は無かったですね。昨年でしたか、店の前でテーブルを出して何かやっているグループが居りました。いずれ消えてしまうんでしょうが、不思議なランドマークですね。
 
 
 
Unknown (asabata)
2010-09-23 01:57:44
黒須様
早稲田界隈にはサークルや部の溜まり場になっているお店も多いようですが、その手の溜まり場になっていたお店もあったんですね。
名曲喫茶だったのは開店当初から60年頃までのことだったんでしょうか。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。