都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



川崎ハウス
所在地:港区六本木5-10
建設年:戦後・昭和30年代後半以降
階数 :2F
備考 :2005年取り壊し
Photo 1995.5.27

 鳥居坂の西側、国際文化会館の北側にあった戸建て住宅地。芋洗坂の坂下に敷地西側の門があり、写真はそちら側から撮ったもの。

 大きな敷地の中に、モダンな洋風住宅が数棟建っているのが見えていた。当時の住宅地図で見ると外国人の名ばかり書かれており、目白通りの徳川ヴィレッジなどと同様の外国人専用の住宅地だったらしい。

 ゲーテッド・コミュニティなどと呼ばれる住宅地は、アメリカなどでは富裕層を中心に、資産や身の安全を守り、高級住宅地としての快適性や価値を維持するために増えているのだそうだが、川崎ハウスもちょっとそれに似たものだったのかもしれない。ただ、アメリカのようなやや差別的なものというよりは、生活スタイルが異なる日本で外国人向けに造られた住宅群・住宅地という程度の意味だったのかもしれない。

 明治の末頃から戦前期の地図を見ると、川崎邸という邸宅が国際文化会館(旧岩崎邸)の北側にある。戦前は東京川崎財閥の御屋敷だったらしい。戦後、川崎財閥は解体され、川崎定徳株式会社という不動産会社になったそうだ。昭和30~35年の1/10,000地図には建物が記されていない。どうも昭和30年代後半以降に戸建て住宅地がつくられたようだ。

川崎ハウス敷地内の階段
型  :クランク
備考 :同じ写真を「東京の階段 DB」内にも掲載。
   > No.0197 川崎ハウス敷地内の階段
Photo 1994.9.2

 実はこの敷地内には階段があった。麻布台の高台を背にしたこの住宅地には、敷地内にかなりの高低差があり、その上下をつなぐ階段が造られていた。当時はあまりこの手の住宅地を撮っていなかったのだが、階段の存在のおかげで、このやや閉ざされた住宅地にもちょっと興味を持って写真を撮ったのだった。ただそこから先、いろいろ調べたり、内部に入ろうと試みたりは結局しなかった。今、思えば、管理人さんに頼んで、近くで見せて貰ったり上らせて貰えば良かったと思う。だいいちその後、10年ほどで無くなってしまうとは思ってもみなかった。

 当時はまだ単なる学生で、入りたい理由を訊かれても、ちょっと近くで見たいからという理由しかなかった。今なら名刺を出したり著書を見せて、都市の研究の一環でとか、階段研究者なので、みたいなごり押しもできるかもしれないが、当時は門のそばからのぞき込んでチャチャッと写真を撮ってそれでおしまい。でも階段の上はどうなっていたんだろう? 後悔先に立たずなんだけど、写真を見かえすたびに気になる。

 こういう閉ざされた場所に興味がないわけではないが、管理してる人の立場とか住民の気持ちなどを考えると、無理を言って入るのは憚られる。ずかずか上がり込んだり入っていくのは相変わらず苦手だし、性に合っていない。だからもちろん、今でも自ら進んで「階段研究家なんです!」と名乗ったりはしない。トンデモ研究家みたいだからなぁ。でも最近は、どうもそういうコトになってしまってるらしいし、他に活動内容を形容する適当な言葉が見あたらないので、そう呼ばれることについては甘受することにしている。

川崎定徳株式会社
Wikipedia - 東京川崎財閥
Maki's Blog ほぼ隔日 > 東京山の手物語(六本木その2)

Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 港区 



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« 2010年12月 ... 古河総合ビル... »
 
コメント
 
 
 
わかります (facilities01)
2011-01-09 00:11:27
本年もブログ楽しみにしています。

>入りたい理由を訊かれても、ちょっと近くで見たい>からという理由しかなかった。
私の場合、建物の中の中に関心があるのでいっそうハードルが高くて困ります。
今でも「何のために?」と訊かれると、絶句すること多し。

>今なら名刺を出したり著書を見せて、都市の研究の>一環でとか、階段研究者なので、みたいなごり押し>もできるかもしれないが
とにかく見ないと話にならないので、「アノ手この手」でチャレンジしますが、玉砕状態多し。
それでも10年前に比べたら、まだマシかと。

 
 
 
Unknown (asabata)
2011-01-20 22:36:22
facilities01様
建物の中に入ったり、裏側に回ったりしないと見られないのは厄介ですね。それでも昔よりは、古いものや機械を見たいという人も少なからずいることが知られるようになったのでしょうか。
 
 
 
コカ・コーラのCM (こやま情報部)
2011-11-24 13:47:53
今から25年前、コカ・コーラのCMに出演したアメリカの友人で、IBMのマネージャー一家が住んでいて遊びに行きました。CMはアメリカン倶楽部からの紹介とか?
訪ねて行くといきなり別世界!
特に特長があるわけでもないのに、何故だか高級感ある2階建ての住宅。共同プールに2m高ある玄関扉、大型6LDKの室内にはビーンボールマシンとサッカーゲームマシンが置いてありました。屋内は完全にアメリカ仕様で、白い壁紙白い階段、トイレもアメリカンスタンダード社の白色大型洋便器です。
家賃は120万円会社払いと言ってたのを覚えています。
緩やかなカーブに約16軒の住宅が点在して、敷地はゆとりがありました。
参考まで
 
 
 
別世界 (asabata)
2011-11-26 23:38:35
こやま情報部さま
コメント有り難うございます。
内部はそんな場所だったんですね。
東京の真ん中にアメリカがそのままあった感じなんですね。
敷地の外から眺めただけだったので、それほどすごい場所だったとは思ってもみませんでした。
貴重な情報、ありがとうございます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。