都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



所在地:墨田区向島5-49
備考 :1998〜2000頃の間に消失
Photo 1995.6.11

 墨田区の鳩の街商店街のはずれにあった、小さな飲み屋街のアーケード。

 日本のアーケード商店街は、建築基準法上の制約のため、基本的に両脇の建物の構造体とは別になっている。(近年の大型再開発などで見られるアトリウムの場合は、建物本体とも接続されている。)しかしここのアーケードには、見たところアーケード独自の柱がなく、両側の建物に載っているようだった。基準法以前のものなのか、法律など関係なしに勝手に屋根を掛けちまったのかは不明だが、この歩行者のみのスケール感はなんともよい。

Photo 1995.11.12

 半透明の塩ビ波板で屋根が掛けられていたが、ところどころ穴が空いていて、補修されたりされてなかったり。かなりぼろい感じだったが、当時はまだ手前の「プローン」というバーは営業していたようだ。しばらくぶりに訪ねてみたらこの路地自体が消滅していて、どこにあったのかサッパリ判らなくなってしまっていた。

2009.1.12記

 この記事は「Site Y.M. 建築・都市徘徊」内から移設し、写真は別のものに差し替えました。

#失われた建物 墨田区  #商業系 
#夕景・夜景  #アーケード  #路地 


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 花沢の里 新井天神 北野... »
 
コメント
 
 
 
こんばんは (SHOW)
2014-12-08 22:16:09
いつもたのしく拝見しております
淡々と建物や風景が撮してあるのが好きです


全く違う風景になってしまっている事がありますね
仕方ないと思いながらも寂しさがあります


何気ない階段や坂道を、写真の所に行ってみたいなぁって思います



 
 
 
ありがとうございます。 (asabata)
2014-12-08 23:58:55
SHOWさま
御覧頂き有り難うございます。
日本の街はどこも、数年ぶりに訪れるといろいろ変わってしまっていることが多いですね。
確かに仕方ないことではあるのですが、もう少し上手いこと残しながら変えて行って貰えないものかとつくづく思います。
これからもよろしくお願い致します。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。