都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



広尾食品デパート
所在地:渋谷区広尾5-17
構造・階数:木2
Photo 1995.5.27

 広尾の商店街を西へ向かい、突き当たりの一つ手前の道を左折して南下すると、右側にあった食料品店。店内は西側へ通り抜け可能になっていて、八百屋さんや、肉屋さん、魚屋さんが建物内にあった。

 1階は間口一杯に開口していて柱だけだが、2階は縦長の窓が開けられ、頂部は三角形で洋風。両側にダクトが煙突状に突き出しているのが面白い。

 95年当時は結構賑わっていたのだが、いつのまにかビルに建て替わっていた。周辺住民が減ったり、店主が高齢化したりといった理由なのだろうか。この手の個人経営の店が集合して入居するマーケット型の店舗も都心では急速に減っている。

Photo 1995.5.27

 結構間口が広い洋風看板建築といった趣。拙ブログでも、中野区の上高田マーケットや、南長崎の山政マーケットなどを載せたことがあるが、建物として不思議な味わいを持つのが印象的。個人商店とは異なり、それこそ市場的であり、賑わいがあって、ちょっと陽気で楽しげである。間口が広く、内部に自由通路が入り、場合によっては通り抜けさえできたりして、建物の内外の境界が曖昧なのが、よそ者をも大らかに受け容れるような感じで、心地よく興味深い。

Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 渋谷区 


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 新聞輸送株式会社 神楽坂・東和ビル »
 
コメント
 
 
 
こういうところの。。。 (とおる。)
2008-09-20 22:37:57
肉屋さんのコロッケとか無性に食べたくなります。
自分だけかなぁ?
 
 
 
Unknown (asabata)
2008-09-23 02:40:52
こういうところのコロッケ、手作りで美味しいですよね~。
昔は、2,3個買って食べ歩いたりしたことも。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。