都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 2年前に解体されてしまった刑部人邸。

刑部人邸
所在地:新宿区中井 2-19-3
建設年:1933(昭和8頃)
構造・階数:木2
林芙美子邸東側、2006.4 解体
Photo 2006.2.19

 写真は二棟の内、東側のもの。こちらが刑部人氏の自宅アトリエだった建物らしい。中井駅北側を東西に通っている谷道に面して入口がある。数段の階段の奥、木々の中に可愛らしい建物がたっていた。

 壁はコテの跡が残るスタイルの仕上げ、スペイン瓦が載る、南欧風・スパニッシュスタイルの明るい雰囲気の洋館。

 谷道沿いの風景を見ると、大谷石の擁壁が連なり、大きな木々が並び、そこだけ昔からの風景を残していたことがわかる。長い間の土圧で擁壁は外側に倒れ込んでしまっていた。

 この写真には写っていないが、これを撮ったとき、近くに、スーツ姿で住宅地図を見ながら一所懸命に刑部邸の現状を記録して、写真に撮っている若者がいた。近代建築ファンともちょっと違う雰囲気だったので、声を掛けたりしなかったのだが、今にして思えば、あれは不動産関係者だったのだろう。そしてこの写真のわずか2ヶ月後に建物は無くなってしまったのだ。

 建物外観は、左右対称に近い。菱形の網目になった窓、中央上部の大小3つの窓が特徴的だ。

 Chinchiko-Papalog内の記事には背後(北側)からの写真が載っている。絵を描く際に間接光を取り入れるため、北側の屋根面に天窓があるのがわかる。

刑部人邸/アトリエを拝見する。
下落合を描いた画家たち・刑部人。
刑部人邸/アトリエを拝見する。

 あと、いのうえさんの「漂泊のブロガー2」にも建物内外の記事がある。

刑部邸の見納め   芙美子邸と刑部邸

 拙Blog既往関連記事

刑部人の風景画   刑部邸 1
Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 新宿区


コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )


« 2008年7月 記... 新宿昭和館 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ふくしま)
2017-12-06 18:43:34
こちらで公開されている刑部邸の写真(「2年前に解体されてしまった刑部人邸。」の直下)を是非利用させていただきたく、コメントいたしました。
私は隣の芙美子邸でガイドボランティアをしております。刑部邸の説明をしても、当時の様子を存じ上げないため、撮影なさった写真を来館者に是非お見せしたい。A3にプリントアウトして、お見せする以外には利用いたしません。御許可願えれば幸いです。
(ご連絡手段が分からず、こちらに書き込ませていただきました)
 
 
 
刑部邸の写真 (asabata)
2017-12-09 17:13:12
ふくしま様
お返事が遅くなりすみません。
御丁寧に御連絡頂きありがとうございます。
林芙美子邸と刑部邸は、二つ揃ってあのあたりの住宅地の雰囲気を作っていましたね。
往時の様子を御説明頂けるのは、私としても有り難いです。
印刷して皆さんに御覧頂くのは構いません。
来春にはまた、記念館の方にも伺うつもりです。
またよろしくお願いします。
 
 
 
御許可ありがとうございます (ふくしま)
2017-12-10 18:32:44
本来の使用方法と異なるところ、ご許可くださりありがとうございました。

芙美子の夫・緑敏氏が育てていたバラと画家仲間の関連で刑部家の話をさせていただいております。たまたま私の担当日にご遺族がお見えになり、それがきっかけで芙美子の教育観を知ることができました。

ただ、となりの・・・とお話ししてもマンションにむかって説明することになり、本当の刑部家を来館者にお見せしたいと思っておりました。

素敵なお写真があったので、是非使わせていただきたい、と思った次第です。

あくまで、手持ちのプリントのみの使用といたします。本当にありがとうございました。
 
 
 
刑部邸1 (asabata)
2017-12-10 19:50:00
ふくしま様
刑部邸については、上記記事内の「刑部邸1」のリンク先の記事に、林芙美子邸内から見えていた別棟の写真もありますので、御入り用でしたらお使い頂いて結構です。
数年前に刑部人氏のご子息にお会いしたことがあるのですが、その方が小さい頃、しばしば林芙美子が刑部家にやってきて、上がり込んで冷蔵庫を開けたりして、まるで自分の家のようにしていたと仰っておられました。
なんでも、締切で原稿を催促しに来た編集者から逃げるために、刑部邸に来たりしていたそうです。
小さかった刑部人氏のご子息は林芙美子に結構可愛がられていたとのことで、かなり親しくお付き合いしていた御様子でした。
 
 
 
垂涎ものです (ふくしま)
2017-12-11 22:17:52
まさに、芙美子が入っていきそうなお写真ですね。
ぜひ使わせていただきます。

以前、泉麻人さんの講演がありました。
彼は「おちいち」出身とか。
この辺りまで遊び場だったそうです。
刑部邸は門が半開きで、うっそうとしていたので、勝手に入って虫取りにやってきたそうです。

なくなってしまうと、何時の間にやら記憶からも消えてしまいます。先日も、神楽坂を歩き、漱石も通ったという田原屋さんの場所について、あっちだった、こっちだった、と。みんな見ていて前を通っていても、あった場所がだんだんおぼろげになり、忘れ去られてしまいますね。写真がデジカメになり簡単に撮ったり残せたりする、といっても、カメラを撮る習慣がないとなかなかできず・・・撮っておいていただいて本当に良かった。ありがとうございます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。