都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 2年前に解体されてしまった刑部人邸。

刑部人邸
所在地:新宿区中井 2-19-3
建設年:1933(昭和8頃)
構造・階数:木2
林芙美子邸東側、2006.4 解体
Photo 2006.2.19

 写真は二棟の内、東側のもの。こちらが刑部人氏の自宅アトリエだった建物らしい。中井駅北側を東西に通っている谷道に面して入口がある。数段の階段の奥、木々の中に可愛らしい建物がたっていた。

 壁はコテの跡が残るスタイルの仕上げ、スペイン瓦が載る、南欧風・スパニッシュスタイルの明るい雰囲気の洋館。

 谷道沿いの風景を見ると、大谷石の擁壁が連なり、大きな木々が並び、そこだけ昔からの風景を残していたことがわかる。長い間の土圧で擁壁は外側に倒れ込んでしまっていた。

 この写真には写っていないが、これを撮ったとき、近くに、スーツ姿で住宅地図を見ながら一所懸命に刑部邸の現状を記録して、写真に撮っている若者がいた。近代建築ファンともちょっと違う雰囲気だったので、声を掛けたりしなかったのだが、今にして思えば、あれは不動産関係者だったのだろう。そしてこの写真のわずか2ヶ月後に建物は無くなってしまったのだ。

 建物外観は、左右対称に近い。菱形の網目になった窓、中央上部の大小3つの窓が特徴的だ。

 Chinchiko-Papalog内の記事には背後(北側)からの写真が載っている。絵を描く際に間接光を取り入れるため、北側の屋根面に天窓があるのがわかる。

刑部人邸/アトリエを拝見する。
下落合を描いた画家たち・刑部人。
刑部人邸/アトリエを拝見する。

 あと、いのうえさんの「漂泊のブロガー2」にも建物内外の記事がある。

刑部邸の見納め   芙美子邸と刑部邸

 拙Blog既往関連記事

刑部人の風景画   刑部邸 1
Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 新宿区


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 2008年7月 記... 新宿昭和館 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。