都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



東京新旧写真比較(1981/2008) No.37 千代田区神田駿河台

Photo 1981
Photo 2008.12.20

 日大理工学部5号館とニコライ堂。本郷通りの風景。

 ニコライ堂と日大の校舎にはほとんど変化がないことは知っていた。だからこの景色は今もあまり変わっていないだろうと思っていた。ところが訪ねてみたら、日大の校舎とニコライ堂の間にあった2階建て家屋がビルになってしまって、ニコライ堂は全く見えなくなっていた。

 街路樹はやはり大きくなり、幹も太くなっている。新旧写真の比較をしだしてから、東京の街路樹は30年弱の間に結構立派になっているんだなと、改めて気がついた。30年近いのだから当然といえばそうなのだが、なかなか厳しい都市環境の中で、着実に根付いて育っていることがちょっと意外で、またそれに今まで全く気がつかなかったのもちょっとした驚きだった。

 1981年の写真には道路中央に立って交通整理をしている警官だか警備員が写っている。こういうのを見つけてしまうと、なぜそのようなことをしていたのか気になってくるのだが、今となっては理由を知る術はない。

 ぐずぐずしている内に、2008年末の撮影時点から早くも1年が経ってしまった。東京の街並み変化は速いので、また撮り直しなんてことになるかもしれない。

Cityscape of Tokyo
#東京新旧写真比較 千代田区  #古い建物 千代田区 
#教会


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 汐留にて 神田淡路町2... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。