都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 

初詣  


 お正月は実家の静岡へ。初詣は静岡市内の伊勢神明社へ行きました。小さな神社なのですが、境内に大きなクスノキがあり、古くから小鹿地域一帯の信仰の拠点であったことが想像されます。

 巨木巡礼というHPによると、伊勢神明社のクスは静岡県指定の天然記念物で、幹の周囲が11.4m、樹高が28m、枝張りが40m超という大きさ。樹齢は一千数百年とのこと。境内には他にも大きな杉の木がありますが、それらが霞んでしまうほどの存在感と迫力があります。

 三が日を過ぎると参拝者も少なく、境内は静か。巨大なクスノキに向き合っていると、遙か上の方から、ちっぽけな自分の存在を見下ろされているような気がして、自ずと神妙な気分になります。

 今年もぼちぼち更新していきますのでよろしくお願いします。

#神社


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 2005年12月 ... ねじれた階段 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。