都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 無くなった鉄塔は戦後のものだった。

NTT中野統制無線中継所
所在地:中野区上高田5-15
建設年:1947~53(昭和22~28)の間
Photo 1987.6.21

 拙HPの「Tokyo Lost Architecture」にも掲載しているNTT中野統制無線中継所。戦前から使われていたという噂を聞いていたので、昔の地図などを調べていたのだが、戦前からあった証拠が見つからず、不思議に思っていた。

 ところが先日、広尾の都立中央図書館で、数年来の疑問をほぼ解決する資料を偶然発見。もちろん地元の方々に聞き込みをするなどして、もっと精力的に調べていれば、こんなに時間は掛からなかったはずなのだけれど、そこまではしてなかったので・・・。

 「帝都地形図 第3集」(株式会社 之潮(コレジオ)、2005.3.20発行)という地図集成の中に、「帝都地形図、上高田、1/3,000」(株式会社日本地形社、昭和22年9月発行(S8.3測図、S22.7補修))が収められている。

 この図の解説によれば、NTT中野統制無線中継所があった敷地は、もともとは三井家の墓地だったところなのだそうだ。

 三井家の墓地は、墨田区の真盛寺から1915(大正4)に移転してきたという。墓地には参詣者用の控所や、葬儀を行う礼拝堂(持仏堂)があったが、空襲で焼失。戦後は西側半分を電電公社に売却し、西側の北半分に電波塔が建てられ、南半分は公社の職員住宅となったと記されている。

 注)真盛寺も1922(大正11)に、墨田区横川から杉並区梅里1-1-1に移転。

 昭和22年時点の地図には、まだ三井家の墓地が大きく記され、後に無線中継所になった場所も墓地内となっている。敷地は分割売却されておらず、鉄塔も建っていない。

 その後の1953(昭和28)の「東京航空写真地図 第二集」(写真測量所編、創元社刊、1953年3月発行、東京都立中央図書館蔵)には、5基の鉄塔が写っているので、鉄塔が建てられたのは1947~53の間ということになる。というわけで、戦前に建てられた鉄塔という噂は、どうやらガセだったのでした。

注)今回の件を機に「Tokyo Lost Architecture」内の「NTT中野統制無線中継所」の記事も修正しました。
Tokyo Lost Architecture  
#失われた建物 中野区  #街並み 中野区  #塔  #眺望


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« 帝都地形図 麻機遠望 »
 
コメント
 
 
 
やはり良いなぁ (ぺん太)
2007-05-12 21:59:10
機能を持ちながら美しくあるのは大変良い。遺跡めぐりをしていて「ハッ」っとするのは美しさを持ちながら高度な機能を有している遺構と出逢った瞬間です。最近そういうことが全くなく心が乾いていて寂しいなぁ。
 
 
 
都市基盤系 (asabata)
2007-05-14 00:43:05
ぺん太さま いつもどうもありがとうございます。
ぺん太さんは、もしかして都市基盤系の構築物がお好きなのでしょうか?
鉄塔だけでなく、橋、煙突、工場、ダムなど、環境的には問題があるかもしれませんが、余分なものをそぎ落とした機能美には、確かにハッとさせられる時がしばしばありますね。
 
 
 
あまり深くは考えていないのですが (ぺん太)
2007-05-15 13:39:48
人間の息遣いが感じられるようなものは好きみたいです。建築物ではないのですが、わたくしが訪れた数少ない遺跡のなかで「パルミラ」というシリアの遺跡があります。
この遺跡は人間の生活を感じさせるすばらしいオアシス都市で遠くから見た瞬間、古代の旅人が感じたであろう「やっと街に着いた!」という感情がこみ上げて来たほどです。
またそれとは別に、たしかに煙突・工場など(特に夕暮れの衝突防止灯)には惹かれるものがあります。こちらはたずね歩くほどのものではなく鉄塔と同様、流れる景色の中で目を奪われるという類のものですが。鉄塔・煙突・工場などはわたくしにとりましてはどこか懐古的な雰囲気のするものとして認識されているようです。前に偶然見た深夜番組で「ダムおたく」とやらが複数出演し、座談会(?)をやっていましたが実に面白かったです。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2009-09-10 09:50:59
はじめまして 今度家の畑に無線中継所が
立つことになりました。
それまで興味なかったのですが
これを機会に趣味にしたいです。
それでは失礼します。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。