都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



東京新旧写真比較(2006/2009) No.48 新宿区市谷薬王寺町

外苑東通り西側
所在地:新宿区市谷薬王寺町4付近
Photo 2006.8.27(マウスオフ
Photo 2009.4.18(マウスオン
(画像にポインターを重ねると画像が切り替わります。)

 外苑東通りの拡幅事業によって変化しつつあった頃の街並み。市谷柳町交差点の一つ南側の横断歩道信号の場所。

 2006年の写真中央にあった木造モルタル2階建て商店は、この時点で既にお店をやっていなかったようで、1階北側は車庫になっていた。この1、2年後には解体されたらしく、2009年時点では現場事務所のプレハブが建っている。Google Street Viewで確認すると2014年時点では、このプレハブ事務所も無くなっており、整地作業中となっている。

 左端の茶色いタイル張り建物は、通りの拡幅を見越して、5階建てで建てられていたもので、これは現在も沿道に建っている。

 定点観測をしようとして1枚目の写真を撮っているわけではないため、仮に自分が撮った写真であっても、正確な撮影位置は記憶していない。従って、2度目の撮影の際には、手がかりになる建物の様子を見ながら、正確な位置を特定するのだが、その際には建物の前後の重なり具合を利用することが多い。二つ以上のポイントで重なり方を同一にできるとかなり合わせて撮ることができる。

 この時は前後に重なる箇所があまり多くなかったが、撮影位置は比較的正確に特定できた。ただ、やはり撮影機材が異なるため、画面周辺の歪みが同一にならず、画像を切り替えると残念ながらポイントがややずれる。

 外苑通りの拡幅が終わったらまた撮影してみたいとは思うが、現時点で既にかなり手がかりが減っているため、次回の撮影はやはり難しくなるのではないかと思う。

Site Y.M. 建築・都市徘徊Cityscape of Tokyo

#東京新旧写真比較  #東京新旧写真比較 新宿区
#失われた建物  #失われた建物 新宿区


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 外苑東通り・... 外苑東通り・... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。