都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



東京新旧写真比較(1981/2007) No.8 千代田区永田町1-3付近

Photo 1981(ノーマル時)、Photo 2007.1.28(マウスオン

 国会議事堂の正面左手、南側からの景色。下水道の工事中で、緑地の様子は一時的に変わっていたが、その他はほとんど変化なし。歩道の舗装や、街灯が変わり、植栽が伸び、銀杏の木がちょっと追加されたりと微妙な変化はあったが、景観構造というか、視界の構成には基本的に変化がなく、ほっとした。

 国会議事堂を正面から見ると、後方にいろいろな建物がいつのまにか建って、様子がかなり変わっているのでビックリするのだが、こちらからの景色は静かな感じだった。ただしここでも、後ろを振り向くと文部科学省の建物群がドーンと立ち上がっているので、思わず後ずさりしてしまう。

 国会議事堂まわりの風景が激変したりしたら、やはり違和感があるのだろうな。1981年の写真には、北側から議事堂を撮ったものはなかった。北側からの景色は、前述のように背後に文部科学省の建物ができたりして、かなり変わったのではないかと思う。

 東京都の「眺望の保全に関する景観誘導指針」では、国会議事堂の正面に視点をとって、そこからの眺望を今後守ることになっているが、それ以外の方向からの景色もできれば何とかならないかなぁと、変わらなかった風景を見たら余計にそう思った。

Back To Tokyo 1981(東京新旧写真比較(1981/2007)について)
#東京新旧写真比較 千代田区 
#古い建物 千代田区  #街並み 千代田区


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


« 物干し台への階段 2007年5月 記... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (igu-kun)
2007-05-29 09:58:50
おはようございます。
国会議事堂も眺望の保全の対象となっているのですね。
26年もの間、殆ど変化のない風景というのはある意味とても新鮮であります。
大変興味深く拝見することができました。
 
 
 
Unknown (あおい)
2007-05-30 05:51:50
先ほどはコメントを頂きましてありがとうございます。
リンク貼らせて頂きました。
すべてのエントリー興奮してみました。
新旧町の変貌を丁寧に記載していて大変興味深く見させてい頂きました。
原町のなぞの洋館物件詳細知りたいですね。
いずれ訪れたい界隈だけあって興味が募ります。

上野下アパートの前にあんなに長屋があったなんてここへ来なければ知る由もなかったことでしょう。
三ノ輪アパートは今のうちに中を徹底的に撮影出来たらと思いますが、一般の趣味人にはほぼ立ち入ることは難しいでしょうね。
私は呼び鈴を鳴らして話を聞く勇気がないので、こんなとき建築学を学んでいる現役学生だったらと後悔します(笑)
 
 
 
お礼 (asabata)
2007-06-06 01:38:17
igu-kun様、あおい様、コメント頂きありがとうございます。
お二人のブログは、更新の度、拝見しております。
久しく訪ねていない場所や、未訪問の場所が多数登場し、ネット上で近況を知るにつれ、私も行ってみたいなぁと思うことたびたびです。
ずるずる、だらだらと書いておるものをお読み頂き、ありがとうございます。
ペースは上がりませんが、ぼちぼち更新していこうと思います。
今後もまたよろしくお願いします。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。