都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 旧清水市内北部のお寺をもう一つ。

真珠院 門
所在地:静岡市清水区梅ヶ谷   Google Map
Photo 2011.2.19

 初めて訪れたのは、登録文化財に指定されている鐘楼を見に行った時。その時は鐘楼に気を取られて素通りしてしまったが、実はこの門も秀逸。コンクリート製で、一応単なる門柱なのだが、常夜灯のようでもあり、相輪のようなものがあるあたりは仏塔的でもあり、なんだかちょっと変わっている。

真珠院 山門
Photo 2011.2.19

 参道の途中には木造瓦葺きの四脚門である山門もあって、それも立派なのだが、こちらはオーソドックス。境内には市の天然記念物にもなっている梛(ナギ)の大木もある。

真珠院 鐘楼
所在地:静岡市清水区梅ケ谷
建設年:1929(S4)
構造・階数:RC1
備考:国登録文化財
Photo 2011.2.19

 山門内の境内にある鐘楼は、昭和初期にRCで造られた鐘楼として貴重であるという理由で登録文化財に指定されている。木造檜皮葺のような外観を鉄筋コンクリートで丁寧に造っているのは見事だ。光福寺の本堂同様、この鐘楼も関東大震災後に耐火性や耐震性が重視されて造られたものなのだろう。

今川時代再発見今川時代表紙
  > 今川時代の旅目次真珠院

Site Y.M. 建築・都市徘徊静岡の近代建築
#寺院  #古い建物 静岡県 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 光福寺 赤坂見附にて »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。