都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 清正公前の交差点のすぐそばの三角地帯に建っていた古い木造家屋。

山口邸
所在地:港区白金台1-1
建設年:1882~84(明治15~17)頃
構造 :木造
Photo 1995.2.23

 なにかの資料で建設年を見たのだが忘却してしまった。藤森照信氏の著書もしくは港区の資料だったような気がする。たしか幕末か明治期の建物で、都心では数少ない事例だと言われていた(下部に追記しました)。江戸期以来、代々米屋だったのだとか。ただ残念ながら、数年前に解体されて、現在、現地はマンションのモデルルーム+仮設的オフィスになっている。

 鬼瓦が大きく立派で、平屋だが堂々とした建物だった。内部は知らないが、外観から想像すると、屋根裏のようになった階高の低い二階がある、いわゆる逗子二階の出桁造り家屋だったように思う。

 交差点そばの三角地帯で、孤立したようになり、周辺を大量の自動車が行き交っていた。

 この建物の東側を南北に通る桜田通りは、震災後に開通した大通り。西の方から来る目黒通りがそれにあわせて東へ伸ばされ、現在の清正公前交差点へ至るようにされたため、この建物の一角は三角地帯となって取り残された。もともとは目黒通りは写真右手前で曲がり、この山口邸の前を下って、東南方向、高輪の二本榎通りの高台へと向かっていた。写真中、後方の白いマンションと煉瓦色のマンションの間へと、道が繋がっていたわけで、この建物の両側にも大正期以前は家屋が建ち並んでいたはずなのだが、桜田通りの新設と交差点改造によって、街並みが分断され、この家だけが取り残された。

 なぜ交差点のそばに奇妙な三角地帯があるのか、以前から不思議に思っていたのだが、今回、地図で変遷をたどってようやく了解。通りを挟んだ南側には、たしか今も長屋があるが、通りの構造が大幅に変わり、建物も無くなったため、往時の街並みの雰囲気はほとんど失われてしまったのだろうな。


2007.6.17 追記
 コメント欄にもあるが、この記事をきっかけにGG-1さんのブログ「Roc写真箱」に、とても雰囲気のある写真が掲載された。→「取り残されて
 自動車の灯りが流れる中、白熱灯が一つだけともる姿が印象的だ。また、私の写真では陰になって全く分からない玄関先の様子がよくわかる。庇を支えるために、腕木金具が付いていたのは知らなかった。完全に木造和風住宅なのに、そこだけちょっと洋風っぽいしつらえだったのがおもしろい。


2007.07.11 追記
 「看板建築」藤森照信著、三省堂選書、1994、p.27に、この山口邸は掲載されており、明治15~17頃に米問屋として造られたこと、旧江戸の市域内で最古の出桁造りと考えられると、書かれていました。
 やっぱり藤森先生の本だったー。

Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 港区 


コメント ( 6 ) | Trackback ( 1 )


« 菱進浜離宮ビ... ブリキヤ國嶋 »
 
コメント
 
 
 
そんなに (GG-1)
2007-06-12 08:52:54
ココは古かったのか
三角地帯にポツンと取り残された姿が印象的でした
私も撮ったはずなので
後日アップの際にはTB致します
 
 
 
よろしくお願いします。 (asabata)
2007-06-13 16:02:26
GG-1様
アップ楽しみにしてます~。
この建物も、話題になることは結構あるのですが、
写真をあまり見かけないので、
いろいろ知りたいところです。
フィルムで撮っていた頃は、つい、カット数を節約してしまって、
あまりたくさん撮らないことが多く、
この建物も他の方向からのショットが全然ありません。
 
 
 
Unknown (GG-1)
2007-06-17 00:40:54
TBさせて頂きましたが
すみません
時間は違いますが矢張り同方向なんです~
桜田通り側も撮っておけば良かったと思うのですが
あの時間帯はイマイチ絵にならないのですよ
と言うことで御勘弁を願います
今の様にデジカメならもっと撮っていたんですがね~
 
 
 
夜景 (asabata)
2007-06-17 01:40:59
GG-1様、TBありがとうございます。
夜景、素晴らしいです。
玄関先の様子を私は全然覚えていませんでしたので、とても新鮮でした。
こうしてみると、やはり絵になる立派な建物だったのですね。
 
 
 
この建物の桜田通り側と都ホテルの前の・・ (散歩人)
2009-08-14 01:54:06
知らずになくなって惜しくも記憶もあいまいで。
玄関の格子戸があまりに美しく、初めて見た時驚きました。桜田通り側(この写真で背景に緑のマンションがありますが、そちら側)からのショットはご記憶でしょうか?後ろが2階建てになっていて丸い雪見窓があったのですが、もう一度見たい、日中の正面とその雪見窓です。
 そして、この目黒通り並び(都ホテル正面玄関前の敷地)にこれも取り残されたように日本家屋があって、この山口邸が取り壊された1999年10月の後すぐ5月だったでしょうか・・・解体されたんです。間口は狭く感じましたが格子戸の門扉の奥に、80坪ほどの大きな日本家屋があり、現在は駐車場です。屋敷の周りの小さな堀が現存し、樹木も一部残っていますが、こちらも記憶が薄く、もう一度見たい情景です。
 
 
 
残念ながら (asabata)
2009-08-21 01:04:43
散歩人様
残念ながら、この界隈はそれほど詳しくなく、何度も訪れている場所でもないので、東側からの丸い雪見窓というのは記憶がございません。
確かに、格子戸が美しい建物だなぁと思った記憶はぼんやりとあります。
そして、三角地帯にあるのを見て、なぜこんな場所にあるのだろうと思った記憶も。
少し前までは、周辺だけでなく都心にも多くの日本家屋がありましたが、暫く見ないでいるとなくなっているということが多いのが残念です。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
取り残されて (Roc写真箱)
港区白金台1-1 Contax RTS? Plannar50 / Distagon25 時代から取り残されたような 時代に抗うような 平成になってからの写真ですが 昭和初期と言っても通用しそうな、時代掛かった堂々とした建物 asabataさんの都市徘徊blogのエントリーで先日アップされている...