都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



中央区立明石小学校
所在地:中央区明石町1
竣工年:1926(大正15)
構造・階数:RC・3F
2010年解体・建て替え
Photo 2006.4.7 以下全て同じ

 全体としては南側が開いたコの字型で、玄関左側の階段室より南側は2階建てだった。

 北東側から。曲面を画いて張り出す軒先が印象的。

 玄関部分はアーチ型。半円形の付け柱の間に長方形の窓が並ぶ。

 東側の長いファサードの中で、階段室の塔屋はシンボルになっている。アーチ状になった壁面と窓が柔らかい感じでよい。

 曲面を多用したファサード。門柱の上端も丸くなっている。華やかな装飾があるわけではないが、デザイン的にいろいろ工夫されていたことが分かる。

 玄関上部のステンドグラスと校章。梁の角も丸く収められて柔らかな感じ。

 外周の塀越しにしか見たことがなかったが、敷地南西側にあった講堂も、校舎と同じく軒先や角が丸く収められ、アーチ型の窓だったようだ。

 明正小学校や中央小学校と同様、明石小学校も保存が要望されていたが、耐震性、老朽化、複合施設化の必要性などが言われ、中央区は解体・建て替えに踏み切った。2013年に幼稚園と一体的にされた新校舎が完成している。

関根要太郎研究室@はこだて東京都中央区立明石小学校(大正モダン建築探訪)
中央区立明石小学校
Tokyo Lost Architecture
#失われた建物 中央区  #学校 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 中央区立明正... 高輪3-7の木造... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。