都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



和泉屋文具店
所在地:新宿区北山伏町2-1
建設年:?
構造・階数:木2
備考 :2007年初め頃に解体。
Photo 1995.6.3

 大久保通り沿い、旧第一信用金庫本店大蔵省印刷局柳町寮の少し東にあった文房具屋さん。下記のHPで2007年2月に工事中だったという記事があるので、約2年前に解体されたようだ。側面の壁や戸袋がクリーム色のモルタル塗りになっていたのは少し残念だったが、奥行きが比較的あって2階の屋根が大きく立派な出桁町屋だった。ただよく見ると、2階の軒先の中央部が少したわんでいるようだ。数十年も経つとやはり少しずつ傷んできていたのだろうなと思う。

 最近は街から文房具屋さんも減っているという。都心では少子化もあって学校のそばの文房具店も経営が大変だし、店主の高齢化も進んでいるようだ。このような文具店は都心では次第に見られなくなってしまうのかもしれない。

参考記事
東京 -昭和の記憶-牛込 大久保通り(1)
東京回遊録和泉屋文具店
Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 新宿区


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 市谷薬王寺町... 京樽本社 »
 
コメント
 
 
 
和泉屋文房具店 (度欲おぢさん)
2010-06-06 00:05:12
近くの市ヶ谷小学校を昭和三年に卒業した亡父が「学校に通っていた時にこの店はすでにあった」とアルバムに書き残してありました。
ご参考までに。

 
 
 
ありがとうございます。 (asabata)
2010-06-07 01:56:34
度欲おぢさん様
御教示頂きありがとうございました。
HPの画像も拝見致しました。
大量の画像がありますね。
大変興味があるので、他の画像もこれから少しずつ拝見したいと考えております。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。