都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 実家に絵が飾ってあったため、私が勝手に御縁を感じていたお家は一昨年無くなった。

刑部邸・別棟
所在地:新宿区中井 2-19-7
構造・階数:木2
林芙美子邸東側、2006.4 二棟とも解体
Photo 2006.2.19

 刑部人氏はかなり前に亡くなっていたけど、お家はまだあるんだよ、という話を母にしてからしばらくして、その刑部邸自体が無くなるということを知った。後悔先に立たず。結局、私が刑部邸をまじまじと眺めたのは1、2回だけで終わってしまった。ただ考えようによっては、全く知らずに見ないまま終わったのでなく、外からだけだが見ることができたのは幸いだったのかもしれない。

 写真は林芙美子邸の東側、四の坂の道を隔てたすぐ隣にあった建物。スパニッシュスタイルの刑部人アトリエの建物の西側にあったもので、別棟だという。門は大谷石で屋根付きのどっしりとした構え。庭には多くの木があり、建物は門のあたりからしか見えない。

林芙美子邸の庭から

 記念館として公開されている林芙美子邸の庭からも、小さな竹藪越しにハーフティンバーの瀟洒な洋館が見えていた。小豆色の瓦屋根が落ち着いた中に少しの華やぎを与えている。このように、隣のお家が庭木越しに垣間見える風景は、美しく良質な住宅街の一つの条件だろう。自分の家の庭がきれいでも、隣がマンションだったりするとがっかりする。

 落合、中井界隈は大正期までは郊外の田舎だった場所。大正後期に目白文化村が開発・分譲され、震災後の昭和の初めには西武新宿線ができ、急速に宅地化が進んだそうだが、それでも緑が多い武蔵野の郊外住宅地だったのだろう。刑部邸は往時のそのような雰囲気を残すお家だった。

屋根部分

 木製の窓が美しい。観音開きの雨戸にスリットが入り、美しい影を落としている。

刑部人の風景画   刑部邸 2

Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 新宿区 


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 刑部人の風景画 2008年7月 記... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (aoi_color)
2008-08-02 01:25:23
存在が既になとなると写真は記録と思い出でしかなくなてしまいます。
後世に残す概念はまだまだ険しい様です。
特に都心は税金問題から考えないと緑も歴史的建造物もただ無駄に開発され取り壊され自然にやさしくない、人にやさしくない「東京ってなんかバランス悪くない?的」なこの先バラバラな東京が待っている様でつまらないです。
刑部邸は資産問題があったのかもしれませんが目白文化村の流れを汲む新宿区の文化の一つが守れないのは残念です。
考えて見るとこの時代のこうしたお屋敷は杉並区だと随分残っているなと思いますがどうでしょう?
 
 
 
税収 (asabata)
2008-08-03 23:49:03
刑部邸だけでなく、目白文化村あたりには残したいお屋敷が数多くあるのですが、区の予算規模だと結構つらいという話を、以前関係者から聞いたことがあります。
あやふやな伝聞ですが、特別区民税は一度東京都に入って、その後、人口に応じて配分されるんだとか。新宿区は実は人口があまり多くないので、郊外の居住地に較べて配分が少なく、その割に都心に近いため地価が高く、保存の為の買い取りがしにくいということでした。その点では、杉並や世田谷の方が有利かもしれませんね。
そういう話を聞く度に、文化財指定したら、諸々の税を全部免除するぐらいのことはできないのだろうかと思います。それによる減収なんて、大したことはないのではないかと。それをするだけで、残される建物がかなり増えるんじゃないかと思うのですが。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。