都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



東京新旧写真比較(1981/2008) No.34 千代田区猿楽町

Photo 1981(ノーマル時)
Photo 2008.12.15(マウスオン)

 この路地の景色はあまり変化していなかった。

 アテネフランセは私の先生の恩師である吉阪隆正の設計による建物。吉阪氏の建物は都心にはあまり残っておらず、アテネフランセは貴重な存在。弟子筋の研究室に在籍する学生としては、撮っておかねばと思い、カメラを向けたのかもしれない。

 写真は表通り側からではなく、西南の低地側からのもの。崖沿いの高台に建っているので、低地側から見ると迫力もあり美しいのだが、最近は低地側にビルが建ち並び、その全景を見ることができる場所はほとんどない。
 路地奥の崖上にそびえ立っているこの写真では、アテネフランセと路地の両側の建物は変化していなかった。路地奥の3棟の木造家屋はなくなっていたが、位置合わせは比較的容易だった。

 1981年の写真は拡大すると「光線研究所」「第三書房」「ぴあ」「(株)東京映像企画」の看板が読み取れる。しかし「光線研究所」ってなんだったんだろう? どういう光線をどのように研究していたんだろうか。
 それから「ぴあ」っていうのはあの「ぴあ」だろうか? 現在とは少し書体が異なるが、特徴のある文字は基本的に同じ。ぴあはベンチャー企業のようなものが始まりだったそうなので、最初はこんな路地にも事務所を構えたりしていたのかもしれないが。

#東京新旧写真比較 千代田区  #学校


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« 表示変更のお... 表示変更のお... »
 
コメント
 
 
 
今回は・・・ (NAGOTAKE)
2009-03-18 00:42:22
あまり変わっていないかと思いきや、看板という
意外な楽しみ方があったとは。

なんかちょっとおかしい看板ネタ、このロールオーバー画像は
奥が深いですね。
 
 
 
ありがとうございます。 (asabata)
2009-04-03 00:57:13
NAGOTAKEさま
お返事が遅くなりました。
建物が変わってなくても、テナントはどんどん替わるので、
看板などはあっという間に替わってしまうんでしょうね。

ところで、貴ブログ拝見しましたが、
名古屋にもなかなか味のある坂道や階段があるようですね。
 
 
 
看板 (namichichi)
2009-08-17 00:34:18
”ぴあ”は、昭和58年頃まで猿楽町にありました。
現社長が学生時代に仲間数名と作った会社です。
映画好きにはたまらないバイブルとして重宝したもんです。

”光線研究所”は、黒田保次郎が昭和7年に作った民間療法の機関です。
”光線”は、20世紀初頭 ヨーロッパで考案された光を使って病気やケガを治す治療方法で、いわゆる人間が持っている自然治癒力を、カーボンのスパークによって治癒力を促進させるという摩訶不思議なモノです。
昭和27年の夏には民間学術研究機関として、他の期間と共に認定・諮問を受けています。
これは調べれば調べる程 奥が深いですよ^^
意外や意外 たまに医療機関でも見かけますし、一般家庭でも持っていたりします。
機械自体は、ヤフーオークションでも出てきますので、検索してみて下さい。
(オリジナル; コウケントー)
 
 
 
有り難うございます。 (asabata)
2009-08-21 01:16:53
namichichiさま
「ぴあ」と「光線研究所」の情報、大変有り難うございました。
写真の「ぴあ」はやはり創業当初のオフィスの看板なのでしょうね。
また、光線研究所がそのような歴史のあるものだったというのも全く知りませんでした。まだ調べてみたりはしていませんが、なんだか面白そうな分野?ですね。
両者ともよく判らないでいたことだったので、お教え頂いて、とてもすっきりしました。
詳細に教えて頂き有り難うございました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。