都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 六本木1丁目再開発により1999年に無くなった階段周辺の街並み。

 撮影時、既に再開発の準備が始まっており、住民は立ち退きつつあり、周辺の住宅やアパートには空き家が多い状況だった。大谷石でできたこの階段は、クランクしていて幅や傾斜にも変化があり、複雑で魅力的なものだった。

六本木1丁目界隈の案内地図
所在地:港区六本木1-4
Photo 1994.9.2

 この階段の少し南には作家永井荷風が昭和初期に住んでおり、偏奇館と呼ばれた洋風住宅(戦災で焼失)があった。隣接地にはアークヒルズもあるなど、周辺は都心のオフィス街だが、エアポケットのように残っていたこの場所は、昭和30〜40年代の風景を残す数少ない場所だった。

泉ガーデン建設予定地全景
所在地:港区六本木1-4
Photo 1995.5.27

 当時、南北線が建設中で、駅及びその出入口の工事が付近で行われており、仮設の階段も造られていた。そして一連の家屋群の跡地には2003年に泉ガーデンが完成した。

谷地の最下部から東方向
Photo 1995.5.27

 多くの家屋が既に無人だったため、雑草などが伸び放題になっており、都心とは思えない独特な雰囲気の空間になっていた。

御組坂を西へ入った先の場所
所在地:港区六本木1-4
Photo 1995.5.27

 住人がほとんどいないため人影も少ない。道はこの奥で右へクランクするが、その角に高台から上写真の谷地へと下る折返し階段があった。


六本木1-4の階段・中段部からのパノラマ Photo 1996.4.23

 左方に見えるのは首都高速都心環状線。左端は旧 日本IBM本社ビル。六本木プリンスホテルに隣接して建っていた日本IBMは2012年に解体され、跡地では再開発が始まっている。中央のビルも解体されたようで、同所に現在あるのは、六本木ティーキューブ(2003年竣工)。従って、この画面内で現在も残っているのは首都高速のみ。十数年でこの近辺の景観は激しく変化している。


泉ガーデンの建設が始まった頃の様子 Photo 2000.3.8

 基礎工事のため、土地全体が掘られ、元々の地形は跡形もない。右側は高台側で階段状に土が残されているが、階段その他は全く無くなっている。

東京の階段 DB > 偏奇館跡そばの階段
2009.1.12記

 この記事は「Site Y.M. 建築・都市徘徊」内から移設し、写真を追加しました。

#階段・坂 港区  #失われた建物 港区  #街並み 港区  #夕景・夜景 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 新宿西口七福小路 六本木1丁目・... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。