都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 最近の銀座にはちょっと面白い建物が増えている。一昨年、銀座にできたルイヴィトン並木通り店もその一つ。

所在地:中央区銀座7-6
建設年:2004.9
設計:青木淳
Photo 2005.6.12

 昼間に訪れると窓がほとんどない白っぽい箱のように見える。付近には飲食店やバーなどの袖看板が多く取り付けられた雑居ビルが多く建ち並ぶ。しかしこの建物には、LOUIS VUITTONというロゴ文字以外には文字が全くない。また、玄関と1Fのショーウィンドウの他には、数カ所に四角い窓があるが、この他にはほとんど装飾らしいものが見あたらない。

 壁面の中には白く四角い部分がところどころにある。小さく白い斑点のようなものもたくさんあるのだが、何だろうこれ? という感じ。ただ、このある意味のっぺりしたシンプルな外観は、周辺の雑居ビル群とは異質であるので、逆にかなり目立っている。

Photo 2005.4.10

 しかし、夜になると、この白い箱は不思議な灯りの箱へと表情を変える。建築設計上の詳しいことはよく知らないのだが、excite.ism内の記事によるとこの壁はGRCという石のように見える素材でできていて、その中に透過性のある天然石が嵌め込まれているらしい。そのため内側からの光を通す天然石部分が光ってみえる。光を通す部分も、通さない部分も共に白っぽく、また窓枠もなく、表面がフラットになっているため、昼間はただの白い箱に見えているのだが、夜になると、光がちりばめられた箱になるのだ。ぼんやりと光るさまは形を変えた行燈のようでもある。

 全ての壁面を白いパネルとして、そこにランダムに窓を穿ったあたりは、モダニズムで言うところの「自由な立面」の一つの新しい解釈でもあり、現代的モダニズム建築なのかもしれないなと勝手に思った。

GRC=Glass Fiber Reinforced Concrete(ガラス繊維強化セメントコンクリート)
Photo 2005.4.10

 建物は面白いなーと思うけど、残念ながら、個人的には今のところ全くご縁がないお店です、ハイ。だから内装の方は全然知らないんだな、これが。

 1階には、上の方の窓と同じような大きさの、小さなショーウィンドウがあり、ここにも展示がされている。小さな窓なので、つい近づいて覗き込んでしまうようになっているところがミソ。

Photo 2005.4.10

 新聞その他でも取り上げられているが、近年の建築の一つの流れとして、外観の見た目の新しさ勝負みたいなところがあるようだ。内部空間の利用形態とか、そこでの空間の体感を中心にして、そこから外観が出来上がって来るというのが、今までは一つの設計手法として重要視されていたように思う。またそれが「正しい」考え方なのだという信念のようなものがあったのではないだろうか。もちろん今でもそれは大切だとは思われているのだろうけれど、一方で、人目を引く外観に力点を置いた建物も店舗などを中心に増えてきた。銀座や表参道などの場合、建物の外観はブランドイメージをアピールし強化する、一つの媒体として、近年は非常に重要視されている。このため、他よりも高級感がありつつ、上品でなおかつ目立つという、ある意味、明快な目的=デザイン方針を持った建物が生まれるようになった。

 そして銀座という、大正期以降にブランド化した場所に、これらの店舗が集中したことによって、銀座は建築的にも面白いものが多く見られる街になったのである。

#新しい建物 中央区


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 新井薬師前駅北口 銀座ミキモト2 »
 
コメント
 
 
 
GUCCIも建ちました (ぺん太)
2006-11-03 21:04:13
銀座にGUCCIのビルもオープンしたようです。昨日のY紙に広告が掲載されていました。
ミキモト、ヴィトン、グッチ(グッチは紙面でしか見ていないけど)と並べてみるといずれも個性は違えど洗練された印象が強いですね。建物の個性が微妙にブランドイメージと異なっている点は面白いと思います(とワタクシは感じるのですが、みなさんはどうなのでしょうか。広告塔としては適切かどうかは別として)。
GUCCIの建物をご覧になった感想を期待しています。
 
 
 
新しいたてもの (asabata)
2006-11-06 02:44:18
コメントありがとうございます。
A紙にも広告が載っていました。最近、あまり新しい建物について書いていませんが、銀座のブランドイメージ競争とも云うべき状況は、面白いですね。年末が近くなると、銀座はまたいっそう華やぐので、近いうちに見に行ってみようと思います。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。