都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 危ないなーと思っていたら、またもや予感的中。そしてやっぱり間に合わず。

株式会社倭兄弟商会(Yamato Bros. & Co.)
所在地:中央区銀座6-12-11
建設年:1951~52(昭和26~27)頃
階数 :3F
備考 :2006.10~2007.1に解体
Photo 2006.10.3

 火曜日の夕方に銀座へ行った。ちょっとだけ時間があったので、6丁目へ向かったところ、倭兄弟商会の建物が解体されたことを知った。この建物も以前に写真を撮ったのが夜だったので、明るい内に撮りなおそうと思って訪ねたのだが、またもや間に合わなかった。昨年秋の時点で既に使用されていなかったので、建て替えられるのかなとは思ったが、解体が予想外に早かった。

 倭兄弟商会の建物は、なんの変哲もない3階建てのビル。スクラッチタイルが2、3階に貼られているが、装飾らしい装飾は全くなかった。大文字で書かれた「YAMATO BROS. & CO.」、2階全面に広がる窓がモダン。

 派手で目立つような建物ではなかったが、倭兄弟商会も、昨年取り壊された西銀座ビル同様、銀座の街並みを創る建物だったのではないかと思う。昔の銀座の街並みを知る手掛かりが、また一つ消えていったような気がする。

 しかし本当に最近は、出掛けるたびに建物の消失に出会ってしまう。無くなるかもしれないなと思う建物を見に行くからかもしれないが、それにしても多い。Tokyo Lost Architectureのリストに加える建物がどんどん増えて、記事化が追いつかない。

 関東大震災後に建てられたビルの多くは建設から70年以上(倭兄弟商会の建物も建設から50年以上)になる。20世紀中は現役だった建物が、21世紀に入って引退するケースが急に増えているようだ。

 今回もまた引用させて頂くが、この建物も下記のサイトに掲載されている。

ニッポン懐景録中央区銀座6丁目
都市風景への旅東京都中央区銀座6丁目

2008.1.11追記
 御子孫の方から、戦後(昭和26~27年頃)の建物であることなど、詳しい情報をコメント欄にお寄せ頂きました。情報をもとに記載を一部訂正し、また記して感謝致します。

Tokyo Lost Architecture  
#失われた建物 中央区  #夕景・夜景 


コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )


« 旧町田同族会... 2007年2月 記... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (流一)
2007-02-15 20:34:01
銀座の古い建物の消滅情報を貴ブログでずいぶん目にしたような気がします。そのうちに和光だけになってしまうのでしょうか? 今回の倭兄弟商会は、写真の撮影された同じ頃に見ています。建物自体がかなり前に傾いているのに気がついて「これはもう長くないな」と思いました。傾き具合がよく判る写真ですね。
 
 
 
傾いている (asabata)
2007-02-19 17:17:38
そうそう、傾いていましたね。
現場では気づいていましたが、忘れてました。
御指摘を受けて、改めて見ると、
自分で言うのも変ですが、
たしかにかなり傾いてるのが判る写真ですね。

ところで、「株式会社倭兄弟商会」の文字が左から書かれているので、
戦前の建物だったのかどうか怪しい気がしてきました。
建物は戦前だけど、戦後に文字が付け換えられたのか、
倭兄弟商会になったのが戦後だったのか、
戦前でも、英文に合わせて左から書く例があったのか、
やはり戦後の建物だったのか・・・。
気になりだすと分からないことが多いですが、
いずれにしても、もはやその建物は無いわけで・・・。
 
 
 
倭兄弟商会 (Y.K.)
2009-01-10 17:58:49
このビルは私の祖父が建てたものです。母の記憶では昭和26~7年頃とのことです。倭兄弟商会は祖父、叔父、従兄と3代、欧米人相手の(勿論国内にもたくさんのお客様はおられました)宝石や根付の販売をしておりました。日本根付の会の顧問であらせられました高円宮様ご夫妻の御来訪もいただいたこともあります。2002年くらいに前の道で東電の地下工事が行われ、その後数ヶ月経ってから傾き始めたもので因果関係が認められず、保証もないままに建て替えるための資金など検討しましたが時代の波に飲まれたという感じでしょうか。ビルやビル内の写真など私も少しながら撮ってあります。幼いころから見慣れ、また祖父や叔父との思い出もある懐かしい建物です。
 
 
 
ありがとうございます。 (asabata)
2009-01-11 22:19:00
Y.K.さま
はじめまして。
大変貴重な情報をお寄せ頂き、本当にありがとうございます。
たいして詳しくない情報にもとづいて、推測でいろいろ書いてしまいましたが、
詳しい経緯を知ることができ、感激です。
戦後、それほど時間が経っていない頃の建物だそうですが、
改めて写真を見てみると、モダンで瀟洒な建物ですね。
 
 
 
Y.Kさま (草汰)
2010-10-18 15:19:41
これがあの場所に建っていたのですね!
ちょっと 残念ですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。