都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



東京新旧写真比較(1981/2007) No.13 千代田区内幸町1丁目

歩道の様子はほとんど変わらなかったが、道の向こう側の景色は大きく変化していた。

Photo 1981(ノーマル時)、Photo 2007.1.28(マウスオン

 写真の左側は現 みずほ銀行(当時は第一勧業銀行本店)。第一勧銀のビル(32F・140m、1980年築)は、81年当時はまだ新築されたばかり。そんなわけで、外構部や歩道上の樹木も植えられたばかりで、皆、こもが巻かれている。26年が経ち、樹木はそれなりに立派に育った。

 道の向こう側に建っているのは。大阪ビル東京分館の一、二号館。藤森照信氏の東京建築探偵団による「建築探偵術入門」(文春文庫ビジュアル版・1986)に、「壁面上部にテラコッタ製のブタが並ぶビル」と紹介されていて、一度見たいと思っていたのだが、訪れる前に解体され、建て替えられてしまった。同書によると、一号館は1927年築で1986年に解体。一方、二号館は1931年築で、一号館解体の後にこちらも解体されたのだという。ちなみにブタくんは、現在は公開空地内に造られた壁に取り付けられている。

 スクラッチタイルとおぼしきタイル貼りの真ん中に大きなアーチ型玄関が付く。オフィス街らしいモダンな街並みを創る建物だったのだなぁと思う。現在は横連窓でツライチ(面一:表面に凹凸がないこと)の建物になった。ビルの模型を造るときには楽チンだとは思うけど、立体感がなく、陰影に乏しい単純な壁面で、あまり手間が掛かっていないみたいで、なんか物足りない感じの建物だなぁと思う。

 樹木に隠れている後方の建物も、建て替えられてできた建物。土地の権利関係が別々である建物の公開空地を持ち寄って、公開空地相互が自然に繋がったデザインとなっている。90年頃の新ビル建設当時はそういうものが珍しかったので、ちょっと話題になった。公開空地とかの敷地内空間の質は向上したかもしれないけれど、通り側の壁面の様子はやや退屈になってしまった。

 さて、細かい点に目を移すと、郵便ポストが新しいものに取り替えられている。ポストなんて箱なんだから、交換する必要はあったのかなぁ? 箱の容量が増えているわけでもなさそうだし。

 あと、歩道に点字ブロックが設置された。考えてみれば私が小さい頃はそういうものは全くなかったし、あってもごくわずかな場所だけだった。いつのまにか全国どこへ行っても、街中にはこういうのがちゃんと設置されるようになったものだなと思う。

 ところで、実は、海外でこういう点字ブロックをほとんど見たことがない。パリでもベルリンでも、ロンドンでも見た記憶がないし、手持ちの写真を見ても写っている写真がない。これって日本オリジナルのものなのだろうか? 障害者対策はヨーロッパの方が進んでいると思っていたのだが、これはどういうことなのだろう? 交差点の信号がピヨピヨいって音を出しているのも、海外ではお目に掛かった記憶がない。単に私が忘れているだけなのか、それともやっぱり海外にはこういうものがないのか。日本は進んでいるのか、遅れているのか? それとも独自の道を歩んでいるのか・・・。

#東京新旧写真比較 千代田区  #失われた建物 千代田区  #街並み 千代田区


コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )


« 同潤会砂町普... ぎふ屋 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (秋葉OL)
2007-07-14 14:25:45
知りませんでした!
大阪ビルはそんな昔から東京にあったんですね。
わたしも公開空地のブタくんは、建物に興味をもつ前に
写真を撮ったことがありました。あれが壁にあったのなら
かなり個性的だったでしょうね。
国旗がみえる建物はそこまで古くなさそうにみえますが、、
ないんですね(:_;)
ポストは前のほうがすきです。
 
 
 
点字 (いのうえ)
2007-07-15 00:36:20
路上の黄色の点字ブロックはまだしも 建造物の中、特に階段にある金属製の点字マークは雨の日にとても滑りやすいですね。点字マークを設置することに異存はありませんが素材や美観も考えてほしいものです。あのサイズ、あの素材で無ければならないという決め事があるのでしょうか? 
 
 
 
ポストの劇的変化 (みのりかわ由妃)
2007-07-15 10:07:58
>ポストなんて箱なんだから、交換する必要は
>あったのかなぁ?

今までのポストの口は、左右同じ大きさ。
これだと大型郵便は右へと指示されながら
「折って入れる」という不便なものでした。
事務やっていると「折りたくない」書類は
結構あるのですよ。そういう意味で新型が
登場した時は、衝撃が走りました。

ペンキを塗られて塗られて、塗られまくった
ボテッとした旧型ポストの愛嬌も捨てがたい
ですが。
 
 
 
約20年前は (ぶらり東京)
2007-07-15 19:29:55
初めまして、今回のような新旧比較写真が好きでちょくちょく訪問させて頂いています。

ダイビルはブタのせいかエキゾチックな雰囲気のある今の姿しか知らないのですが20年前位は市政会館みたいな外観だったんですね
様々な理由はあるのでしょうけど解体は残念です。
 
 
 
どうもどうも1 (asabata)
2007-07-16 00:15:57
秋葉OL様
国旗? おおー、確かに国旗掲揚されてますね。
御指摘を受けるまで全然気がつきませんでした。
国旗に反応するあたり、さすがよく見ておられますね。
このサイズの画像ですごいなぁ。
祝日だったのかしら、それとも毎日掲げてたのかな?
後方の建物がいつ頃のものかは、現時点では未調査です。
 
 
 
どうもどうも2 (asabata)
2007-07-16 00:22:00
いのうえ様
階段の金属製の点字ブロックは、確かに歩きにくいし、
雨の日などは却って危険な感じですよね。
調べてみたら、点字ブロックは昭和40年(1965)に岡山県で開発されたものだそうです。
日本生まれだった・・・。日本独自のものだったんだ・・・。
ただ、2001年にようやくJIS規格になったそうで、
昔のものは必ずしも一定ではなかったようです。
規格品の中に、点字鋲というのもあって、
石のタイルに打ち込まれていたりするのは、
このステンレス製の鋲のようです。
打ち込まれた石などとの組み合わせで、
歩きにくくなったりするわけで、
このようなタイプのものを使うか否かも含めて、
そのへんは設計者や施主の配慮に関することかもしれません。
黄色い色は、弱視や色覚障害の方のためと、
夜間の見え方を考慮したもののようですが、
鋲の場合は周辺と調和するものになりますね。
ただ一方で、障害者からは見えにくいと言われているそうです。
美観とのバランスは難しいところです。
 
 
 
どうもどうも3 (asabata)
2007-07-16 00:31:51
みのりかわ由妃様
ははーん、そういうことだったのですか。
そういえば昔のものは大型書類が入れにくいですね。
実用的な面でちゃんとバージョンアップしてたんですね。
最近のものはステンレス製なのかな?
昔のは鉄製だったから、
定期的にペンキを塗らなければならなかったけど、
今のはそういう必要もないのかも。
Wikipediaで郵便ポストを検索したら、
いろいろなタイプがあって、それはそれで面白いです。
残念ながら、落っことすポストは載ってませんでしたが。
 
 
 
初めまして (asabata)
2007-07-16 00:43:47
ぶらり東京様
初めまして。実は以前から私も拝見させて頂いておりました。
今回を機会にBookmarkに載せさせて頂きます。
今後もよろしくお願いします。
市政会館は1929年の建物だそうなので、
大阪ビルと似た時期の建物なんですね。
こういう建物が建ち並ぶ街並みというのは、壮観だったでしょうね。
落ち着きや風格がある街並みを体験してみたかったです。
 
 
 
ありがとうございます (ぶらり東京)
2007-07-16 10:37:25
「ぶらり東京」を見ておられたとは恐縮です。
さっそくボクもBookmarkさせて頂きました
今後ともよろしくお願いします。

西洋文化を導入した頃にタイムスリップ出来たら丸の内周辺の街並みにわくわくしっぱなしになりそうですね
三菱一号館の復元にかなり期待しています。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。