都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



廣澤製作所
所在地:中央区入船3-5
構造・階数:木造・2F
備考 :解体
Photo 2006.4.7

 下記「ぼくの近代建築コレクション」には切妻屋根だったと書かれている。縦長の窓や横連窓があり、軒庇部分にも繰り型のような形があり、壁面にはうっすらと石張りを思わせる線が入っている。一見するとモダニズム的な小規模ビルにも思えるのだが、実際は木造だったらしい。

 Google S.V.には既に写っていないので、この後、数年の内に解体されたようだ。

ぼくの近代建築コレクション広沢ビル、他/入船3丁目
Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 中央区


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« 築地6丁目の銅... 看板建築4軒長屋 »
 
コメント
 
 
 
弊ブログに追記 (流一)
2012-08-03 10:31:17
最近、廣澤製作所に関して判明したことがあり、こちらの記事でリンクをいただいたのを機に追記しました。製本所か、などといい加減なことをいいましたが、電機機器の製作をしていたようです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。