Cheerful Days!

大好きなお酒を片手に 毎日楽しく過ごしたいな

のと一 @ 輪島

2016年05月25日 | 地方グルメ

2016.5.2

能登半島旅行中、輪島に泊まりました。

軽く飲んで地元のものをいただけるお店を探してプラプラ。。。

輪島駅周辺にはさほどお店はなかったのですが、お寿司屋さんの明かりを見つけ歩いて行ったら

隣に和食のお店がありました。

お店からは賑やかな声が聞こえてきました。 少し怯んだけど

郷土季節料理の看板に誘われて入店。 のと一さんです。

店内は食堂のような作りですが、座敷席には地元らしい方々が楽しそうに宴会中。

私たちは調理場がバッチリ見えるカウンターに座りました。

まずは生ビールで乾杯。 お通しにブリのマコの煮付が出ました。

これがウマイ! 味付けが上品で美味しい。 そのほかの料理も期待しちゃう。

山菜の盛り合わせ

ワラビ、たけのこ、コシアブラなどで、酢味噌が苦手な私ですが、この味わいが優しい。

たけのこは新物でシャキシャキで甘みがありました。

お刺身の盛り合わせ

ボタンエビ、ホタルイカ、ブリ、イサキ、イカです。 どれも新鮮。

お醤油ではなく、この地方の魚醤・いしるでいただきましたが郷土の味にピッタリ。

しっかりした味わいの刺身だといしるも合うんですね。 新しい発見でした。

能登産のカキフライ

大きな牡蠣が能登でも採れるんですね。 うまみたっぷりで美味しい。

ここで店主の方がコシアブラの天ぷらを添えてくれました。

これがまたサクサクで美味しい、嬉しい。

店主の方がとてもお元気でお話も面白い。

最後に面白いものを出してあげよう、と出してくれたのがこれ。

「なんだと思う?」とクイズを出されて・・・食べてみたらまったりとして美味しい。

ブリの白子?」と聞いたら、「さすが、正解!」と教えていただきました。

新鮮でなければ食べられない一品。 この地域ならではですね。

楽しく美味しい、貴重な時間を過ごせました。 本当に美味しかった。 

お店を退出する時には、「能登旅行楽しんでね。」と声をいただきました。 いい気分。ご馳走様でした。

<p><a href="http://tabelog.com/ishikawa/A1704/A170401/17006667/?tb_id=tabelog_589d4618cd94b664d10f757d900f9fdfdc4cc31f">のと一</a> (<a href="http://tabelog.com/rstLst/RC010103/">割烹・小料理</a> / 輪島市その他)
  <br />夜総合点<span style="color: #FFD700;">★★★</span><span style="color: #A9A9A9;">☆☆</span> 3.4
</p>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加